【会社員】ルーティーンな仕事から抜け出す方法をまとめます!

こんにちは。うぐいすです。
私は金融機関の営業マンになって6年目に突入しました。6年というと短いようで結構長く、色々なことがありました。
営業のみならず仕事全般に言えることですが、
ある程度、同じような仕事を続けると業務内容がルーティンのようになり、
もともと面白くない仕事がさらに面白くなりますよね。
まあそれなりに経験を積むことで仕事に慣れるのはいいことですが
仕事も慣れから手を抜きがちになってしまいます。今まさに私がその状態です。
一旦やる気が起きなくなるとその状態から抜け出すのに結構苦労しますよね。
そんな時は仕事のやり方を変えてみたりと気分転換を図ってみると
また新鮮な気持ちで仕事に臨めるようになるかもしれません。
スポンサーリンク

仕事用文房具を一新してみる!

気分を変えたいならまず持ち物を変えてみるってのも1つの方法です。
私の場合、会社で使用するノートやペン、クリアファイルなど会社支給のものを入社してからずっと使用してきました。
しかし、ここで実費でいいものに変えたりしています。
お金はかかりますが、文房具なのでたいした金額ではありませんし。
お金を出したこと。
自分で選んだことにより愛着もわくのでいい買い物だったかなと思います。

オフィス内で席替えしてみる!

同じ仕事を続けているとどうしてもマンネリな気持ちになってしまいます。
そんな時、簡単に気分を変えたいなら席替えがおススメです。
仕事に支障が出ないくらいで席を変えてみると、
案外いつもと見える景色も変わってくるので新鮮な気持ちで仕事ができますよ。

書類の整理整頓をする!

ある程度、担当の取引先を持って仕事をしているといくつも仕事を抱え込むことになります。その仕事のどれもがサクサク進行していけば問題ないのですが、
案件によっては時間がかかったり、問題が発生したりと思い通りに進まず、
固まってしまうこともあります。そして最後まで達成できずに終わることもあるでしょう。
そういった未達成の案件書類も名残惜しくて持っていることもありますよね。
私も固まってしまった案件もいつか進めることができるのではないかと作った資料をいつまでも抱え込んでしまうことがあります。
しかし、一旦固まって進まなくなってしまった案件がまた動き出すことはなかなかありません。動き出したとしても時間が経ってしまってからでは資料も古くなり数字が変わってしまっていたりするので結局無駄になってしまいます。
進展のない案件の資料はさっさと捨ててしまいましょう。
気分を切り替える方法はいくつもありますが、自分にあった方法で常に新鮮な気持ちで仕事に臨めるといいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告