【働き方】ブラック社員は貧乏人の特徴の一つ!あなたもブラック社員になってはいませんか?

こんにちは。うぐいすです。
残業代出ないのに残業するってコスパ悪くない?
不当に社員にサービス残業させたりする会社のことをブラック企業と呼んで長いことになりますが、
最近ではブラック社員という言葉も話題になっているようです。
ブラック社員とは残業代でないとわかっていても残業を他の社員に強要して迷惑をかえる人のようですが、
このような人が1人でも職場にいると大変迷惑なので即刻やめてもらいたいですね。
この記事を読んでいる方にもブラック社員に振り回されている人も結構多いのではないでしょうか。
スポンサーリンク

はっきり言ってブラック社員に付き合う必要はない!

残業したがりのブラック社員に付き合う必要はまったくありませんが、
例えばブラック社員が上司だったりチームで仕事する同僚にいたりすると自分だけ先に帰るなんて気まずい気もしますよね。
ですが、
その気まずい気持ちで残業に付き合ってしまう必要はありません。
自分の手持ちの仕事が終わったならブラック社員をさっさと置き去りにして帰ってしまいましょう。
ブラック社員に付き合って意味のない無駄な時間を使うより自由な時間を自分のために使う方が人生にとってよっぽどプラスに働きます。

ブラック社員の対処方は?

ブラック社員流のブラックな働き方に流されないためには、
まず、情に流されないことです。
ブラック社員が夕方から働き出したとしてもそれに付き合うのはやめましょう。
健全な社員なら日中にバリバリ仕事して夕方は締めの作業に入るはずです。
チームで働いてるなど手伝わなきゃいけない場合は日中手伝うことです。
夕方から本腰を入れる働き方になんとしても付き合ってはいけません。

ブラック社員にならないために

また自分にブラック社員の兆候がある方も注意しましょう。
また忙しくて気づかないうちにブラック社員になってしまっている人もいます。
その場合意識して業務内容を改善しましょう。
朝からバリバリ仕事をこなせるようToDoリストを作っておくと便利です。

人生無駄にしないこと

なんにせよ、残業代も出ないのに残業をするなんてもったいないことでしかありません。
会社に身を捧げるのもいいかもしれませんが、
自分に身を捧げたほうが人生いい方向に向きます。
残業せず定時で上がり、副業や自己啓発に励むほうが効率がいいのは間違いないです。
給料分の働きさえすれば、文句も言われないでしょう。
ブラック社員の自覚がある人、
またはブラック社員に振り回されている人は今一度働き方を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告