新米主婦の皆さん!家計を管理するために何冊も通帳作るのはお門違いですよ!

こんにちは。うぐいすです。
私は金融機関に勤めて5年目に突入した現役の営業マンです。
5年間社畜としてひた走りながら営業マンとして様々なお客様と面談してきました。
その中で多い相談の1つとしている家計が管理できないって相談がよくあります。
結婚して家族を持つと大体の奥様方が家計を管理すべく色々な策を講じて、
やりくりしています。
ただ間違った家計の管理方法をしているとかえってお金の流れが把握できず、
赤字になったり思わぬ失敗を招きがちです。
スポンサーリンク

失敗例の代表格!

中でもよくいるダメな人の特徴として通帳を何冊も作ってしまう人がいます。
なぜ通帳を何冊も作ってしまうかというと、
生活をしていると公共料金や保険、
各種ローンなど様々な引き落としを管理しなければなりませんよね
その様々な引き落としを通帳毎に分けて管理したいがために通帳を何冊も作ってしまうわけです。
一見すると各種引き落とし毎に管理する方が分かりやすくていいような感じもしますが、
実はそうではありません。
何冊も通帳を管理するのは各々の残高をいちいち気にしないといけない大変さがあります。
保険やローンの引き落としを気にするあまり、
公共料金まで気が回らなくなったりすることもあったり。

各金融機関毎に作れる通帳は原則1冊まで

1つの金融機関で作れる通帳は原則として1人1冊までです。
ということは通帳を管理するためには色んな金融機関を巡り歩かなければいけません。
上手く時間を作れる人はいいですが、
無駄な時間だと思うのが普通でしょう。
それに入金も出金も手数料がかかる場合もあります。
だったらなるべく入金するのも少ない回数にしましょう。
手数料ばっか取られたんじゃ節約になりませんからね。

生活資金用と貯金用くらいあれば十分

結論を言えば、日々の生活で使うお金と貯蓄用の通帳くらいあれば十分です。
あとは個別に家計簿をつけておけば管理は容易にできます。
無駄な通帳があると逆に支出が多くなったりしますので、
通帳の冊数は最低限に抑えましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告