外回り営業マンのためにサボりスポットのポイントについてまとめました!

こんにちは。うぐいすです。

外回り営業マンは毎日精神力との戦いです。

そのため、精神力が足りない場合はどうしても仕事をしたくない日も出てきます。

私の場合はもう今日はこれっぽっちもお客様と話をしたくないし。
うまく笑顔を作ることができないなんて日もあります。
そんな日には自分の担当エリアでお気に入りのサボりスポットで時間を過ごすことが多いです。
また頑張ろうという気持ちが湧いたら一生懸命働けばいいのです。
どんな営業マンにも自分お気に入りのサボりスポットはあるはずです。
スポンサーリンク

サボりスポットがない営業マンは今から自分の心休まるスポットを見つけておきましょう!

今日はそんな営業マンのためにサボりスポットのポイントをまとめていきます。

トイレがあるかどうか。

トイレがあるかどうかは必須のポイントです。
時間が有り余った状態でサボっていても、用を足したくなった時、
移動しなければならないと休まりませんからね。
トイレがある場所の候補としては公園や、神社、または駅などが挙げられます。

人通りが少ないかどうかまたはその場所でサボっていても目立たないかどうか!

サボっているという背徳感から別に周りが気にしていなくとも、周りの目は気になるところ。
また、自分の担当エリアでサボっているので取引先のお客様に見つかってはイメージダウンもの可能性もあります。
その点からサボリスポットはなるべく人目につかない場所を選びましょう。
あまり使われていない公園なんかがいいですね。
また広い公園であれば人が来ないポイントがあったりします。

自販機があればなおよし。

なくてもいいんですけど、自販機があるとうれしいですね。
暑い時期は何もしてなくとも喉は乾きます。寒い時期は暖かい缶コーヒー飲みたいですもんね。

雨風がしのげるかどうか!

当然外にいることが予想されますので、雨が降ってきたら濡れてしまいます。
外回りをしている営業マンにとって雨は最大の天敵です。
むしろ雨の日ほど何もしたくない時はありません。
そのためサボりスポットには雨風をしのげる屋根があることが必須です。

急な呼び出しに対応できるかどうか!

サボっているとはいえ、仕事中であることに変わりはありません。
自分が休んでいても会社は動いているということは忘れずに、
会社からの連絡、取引先からの急な呼び出しがあることもあり得ます。
そんな時、自分の担当エリアから離れた場所にいては対応できないので、
あまり遠くには行かないように、
そして電話には出れるようにしておきましょう。

忘れちゃいけないのは仕事中ってことです。

サボりすぎて仕事が滞るようではサラリーマン失格です。
適度に働き、適度にサボる。
サボるにしてもバランスよくサボるようにして、気力が湧いてきたら一生懸命はたらきましょうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告