【会社員へ】焦りや不安からの転職活動は100%うまくいきません!!

こんにちは。うぐいすです。

私も新卒で金融機関に入社して5年目となり、
会社内での立場もだんだん新人から中堅って感じになってきました
中堅にもなると新人時代とは違い、
周りから少しは数字も期待される存在になってきます。
とはいえまだ新人に毛が生えたくらいの存在ですから期待されてもそんなに応えられないこともあり。
理想と現実のギャップに苦しんでいるところです。
中堅社員になったことでできる仕事も多くなりましたが、
それに加えて仕事にかかるストレスもだんだん大きくなりました。
私個人としてもストレスのせいか、最近白髪が気になります。
まあ歳のせいも少しはあるかと思いますが、
思い通りに仕事が進まなくてストレスが溜まり、
苦しい状態が続くと色々考えちゃいますよね。
その1つに仕事を辞めたいってこともあると思います。
スポンサーリンク

 苦しい状態から転職活動とか思い切った行動に出るとなかなかうまくいかないもん!

皆さん知っての通り、金融機関は割と離職率が高めです。
なぜかというとやっぱり仕事が辛いんです。
残業もある。ノルマもある。それでいて、給料は低い。
加えて金融機関に勤めている人って実は変な人が多かったりもします。
そんな環境に耐えられなくなった人はどんどんやめていきます。
しかし、辞めたからといって状況が好転するかと言われればそう簡単にいかないのが実情です。

なぜうまくいかないのか。理由はそこに焦りがあるからです。

 現状仕事がうまくいってないことで心に余裕がなくなります。
そのため、転職活動においても冷静な判断ができなくなる人が多いです。
早く次の仕事を見つけることを優先してしまい、よく転職先を調査せず、
転職を決めてしまいます。
そして、いざ働いてみたらこんなはずじゃなかったってことになり、
またすぐ精神的に追い詰められ、
結果的に辞めることに。
独身ならともなく、家族がいる人は一刻も早く安定した職に就きたいところですから、
焦る気持ちはわかります。
しかし、焦って転職に失敗しては元も子もありません。
まずは自分の気持ちを冷静に保つところから始め、
転職活動も焦らず行いましょう。

もちろん転職自体は悪いことではありません。

むしろ自分のキャリアアップのためには必要な選択だと思います。
正しい選択ができるかどうか。
転職活動で1番大切なのはこれです。
正しい選択かどうか時間がかかっても判断することがいい転職につながる最初のステップでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告