【残業の日々】残業がなくならないのは日本人の精神の根底に”遠慮”が叩き込まれているから!

こんにちは。うぐいすです。

朝から晩まで仕事をする必要があるのか最近、疑問に思っている私です。

特に疑問に思うのはやっぱり習慣化する残業ですかね。

私の勤める会社でも残業が定番化しております。

そして大体はサービス残業なので給料は出ません。

だったらさっさと終わらせて帰ればいいのにと思うところですが、

日本人って自分一人だけ定時で退社するってことができませんよね。

スポンサーリンク

日本人の美徳”遠慮”は現代では悪徳に変化しつつある!

自分の担当している仕事にきりがついたならさっさと片付けて帰ればいい。

口でいうのは簡単ですが、いざこれを実行するとなると難しいものがある。

なぜ難しいのかってそれは心に”遠慮”というものが根付いているからです。

私たち日本人は子供の頃から何事に対しても遠慮するということを教えられてきました。

他の人が我慢している、もしくは頑張って働いているのならあなたも定時で変えるのを遠慮しなさい。

根本にこのような気持ちがあるから日本人はなかなか定時で帰るってことができず、

残業に付き合う羽目になるのです。

昔から遠慮することは美徳だと教えられ育てられた私たちにとって遠慮することは当然のことだったかもしれません。

しかし、その美徳によって残業したり、色々なことを我慢してするってことはむしろ悪徳なのではないでしょうか。

ていうか仕事終わってなくても定時で帰ろうよ!

ついつい残業してしまう根底には私たち日本人の精神の根底に”遠慮”の気持ちがあるということを言いました。

理由はわからないけどなんか残業してしまうって人は悔い改めましょう。

あと、残業する人が多い会社は定時退社を徹底してもらいたいですね。

仕事が終わっている人、終わっていない人色々いるかもしれませんが、

定時になったら強制退社する。これが残業をなくす一番の方法です。

その日仕事が終わらなかった人はまた明日頑張ればいいだけのことです。

今日中にやらなければいけない仕事を夕方やっている時点でその人は仕事ができない。

または仕事の要領が悪いってことで。

残業が習慣化してしまっているならおいそれと戻すことはなかなか自分ではできません。

であるならば、規則として定時退社を徹底することで残業をなくすことができます。

毎日定時退社がきついなら火曜と木曜は定時退社とか日を決めるでもいいです。

とにかくメリハリをつけましょう。

残業続きでイライラの日々

こんな記事を書くのも私自身が最近イライラしているのもあってなんですが、

私も他人に気を使って定時で帰れない日々が続いています。

そんな残業の日々を打破するために自分で自分を改革する時がきたのかもしれません。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告