【伸び悩む営業マンへ】自分の営業活動を見直したいならサポート役に徹してみるのはいかが?

こんにちは。うぐいすです。

私も社会人になり、5年目に突入しました。

世の社会人5年生たちも日頃の業務に慣れ、仕事に幅を持てる頃合いですね。

仕事の幅といっても色々あると思いますが、

些細なところでいうと仕事の中で自分が受け持っている仕事の他に他の社員が受け持っている仕事をサポートすることも一種の仕事に幅を持っていることになるんじゃないですかね。

自分のメインを業務に加え、後輩や同僚のサポートを積極的にすることで新たな気づきもあります。

スポンサーリンク

サポート役になることはメリットがいっぱい!

どうせやるなら自分中心のプロジェクトに携わりたいと思うのが人間の心情です。

ましてや自分を主張してなんぼの営業マンの方々は”俺が俺が”の精神が強く、

自分のノルマの足しにならないようなサポート役に回るのは正直気が進まないことでしょう。

しかし、

普段、自分中心の営業活動をしているとどうしても自分では気づけない欠点や穴が出てくるものです。

サポート役に回ることにより、

営業活動を第三者として観てみると意外と見落としていた自分の欠点が見えてくるものです。

その欠点に気付けたらもうサポート役も悪くないと思うはず。

これだけでもメリットがありますよね。

先入観にとらわれがちな営業を側から観察することでわかることがある!

営業マンは商品を売ってやっと仕事をしていることになります。

なので自分の売りたい商品提案しがちです。

しかし、今相手にしているお客様にとって本当に必要な商品はなんなのか。

本来営業とは売りたい商品ではなく客様が欲しい商品を選び出し、提案する方が自然です。

しかし、

ノルマがあるとそうもいってられず、

売りたい商品を提案する羽目になるのですが・・・

これをサポート役として客観的に観たとき、営業が売りたい商品とお客様が買いたい商品の差に簡単に気付くことができます。

その気付きを元に営業マンとプランを刷り直し、

再度提案してみると結構うまくいきます。

そりゃあお客様の欲しいものを提案できるから当然ですよね。

この形を自分の営業活動に写したとき、

サポート役をしたことにより、自分一人で提案プランを練ることができます。

客観的に物事をみる力が養われた訳ですね。

お客様の欲しいものと営業の売りたいものをどう擦り合わせていくのか。

結局、サポート役に回ることにより、頭をクールダウンさせ、自分の営業活動を見直しに繋げること。

これが大事なステップです。

お客様の欲しいものと営業の売りたいものはほとんど合致しません。

しかし、その二つを擦り合わせ、お客様のニーズに沿った提案をしていくことは可能です。

そのためにも一度サポート役に周り、

冷静に物事を判断する力をつけることも営業マンの成長に必要なことでしょう。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告