【新入社員】成長する人と成長できない人の特徴をまとめました!

こんにちは。うぐいすです。

雨が続くと嫌ですね。

特に営業マンにとって雨は天敵です。

やる気と効率を奪われます。

私は金融機関の営業マンとして5年目になりましたが、

営業マンになったことによりより天気に敏感になりました。

雨についてはこんな記事も書いてます。

【営業マン必須】台風シーズンは傘ではなくお気に入りの雨具(カッパ)で荒天を乗り切ろう!

ところで勤め始めて5年目となるとそれなりに後輩も増え、

後輩を教育する場面も多くなってきました。

弊社は毎年数十人新卒採用を行なっているので毎年支店に何人かピカピカの新入社員が配属になります。

なので何人か新入社員と一緒に仕事をする機会があったのですが、

新入社員には成長の早い人となかなか成長が感じられない人がいるようなので、

その特徴についてまとめていきます。

スポンサーリンク

メモを取るなんて当然なのだ!

よく今時の新入社員はここがダメだ的なコラムを目にしますが、

その中によく最近の新入社員はメモをと取らないと書かれていることがあります。

嬉しいことに私の教育した新入社員の方達はメモを取らないなんてことはありませんでしたが。

でも、

わからなかったことやその場で覚えることが難しかったらメモをするなんて当然ですよね。

特に銀行業務は事務手続きが難しかったり、

覚える書類が多かったりしますので特にメモが大事になります。

また長年勤めていても忘れてしまったりすることもあるので残したメモはあとでノートに書き直して、

見やすいようにしておきましょう。

仕事に熱を持っているか?

私的にはこれがとても大切なように思います。

やっぱり仕事はつまらないと思いながら仕事をしている人はいつまでも成長しません。

反対に仕事面白いと思ってやっている人は順調に成長していく傾向があります。

はっきり言ってどんな仕事も面白くありません。

しかしそれでは人生つまらないでしょう。

つまらない中にも面白みを見出せるかが成長の鍵ですね。

わからないことをちゃんと聞けるか?

やっぱり重要ですね。

わからないことをわからないまま進めるのは失敗の元でもありますので避けましょう。

わからないことは恥ではありません。

新入社員ならなおさら勇気を持ってなんでも質問していきましょう。

まとめ

どんな風に生きても人生は一度きりです。

どんな風に成長していくかも自分次第。

だらけてその場で足踏みしているだけなんて勿体無いです。

だったら今いる環境でできるだけ成長して新たなステップに進みたいですね。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告