【サラリーマンはつらいよ。】仕事にやりがいを求めるか。それともお金だけを求めるのか。

こんにちは。うぐいすです。

近頃はめっきり暑さも遠のいて秋めいてきましたね。

私は田舎の金融機関のある支店に所属しているのですが、

どうやら私の所属する支店は他の支店より退職者が多いらしく、近々、人事を司る人事部長と個人面談が行われるようです。

偉い人が直接遠方の支店に出張って私のような一社員と個人面談をするとは、

私の知らないところで私の所属する支店は大変なことになっているのでしょう。

確かに私の視点では最近退職者が続出しており、深刻な人材不足に陥っています。

この人材不足を脱出するのは大変なことでしょう。

私も今まで担当していた地区にプラスして退職した人の地区もプラスしてフォローに回っていますので日々てんてこ舞いの毎日を送っています。

ところで退職の意思を固めた社員を引き留めるための言葉として上司が使う言葉が”仕事のやりがい”ですが、

一体仕事にやりがいを感じている社員がこの日本に何人いるのでしょうか。

スポンサーリンク

そもそもやりがいを求めて就職したわけじゃない!

確かにある程度希望の職業があり、

その職業を目指して就職活動をしてきたわけですが、

本当になりたかった職業になれた人はそう簡単にやめたりはしないでしょう。

そういう人たちは仕事にもともとやりがいを感じているはずです。

大体退職していく人たちの理由は生活のためだったり、

仕事が合わなかったりってとこです。

なので再就職先もバラバラで大体今の仕事とはかけ離れた職種に就職していきます。

なので特に仕事に対して思い入れのない人たちに仕事のやりがいについて熱心に説いたところであまり心に響くことはありません。

やりがいを説くのではなくやりがいを見つけてあげる方が大事なのではないでしょうか。

お金がやりがいになるか?

業務自体にやりがいを見出せないのであれば、次に考えるのは高い給料のために我慢して働くことができるかということです。

これはどうでしょう。

たとえやりがいを感じない仕事をしていたとしても給料のためなら我慢できそうな感じもします。

お金のために割り切って仕事をし、稼いだお金でプライベートを充実させる。

これが今の若者の考絵方に近いような気がしますね。

ただ、お金のためだけに仕事を続けられるかといえばそうとも言い切れません。

これから普通に生きていくなら何十年と働き続けなければいけません。

その間ずっとつまらない仕事を頑張ることができるかと言われると私には自信ありません。

人生の中で仕事にかける時間はとてつもなく多い!

20歳もそこそこになれば大体の人が社会に出て働きますよね。

サラリーマンになったなら定年までそのまま働き続けることになると思います。

長い間働き続けなくてはいけないのに本当にお金のためだけに働き続けることができるでしょうか。

もしかしたらモチベーションが途中で切れてしまうかもしれません。

働き出して5年目の社会人ペーペーの私にはまだわかりませんが、仕事に少しでもやりがいを感じることができたなら少しは生活に刺激が増えるかもしれませんね。

今はお金のためだけに仕事をするっていうのも悪くはないかもしれませんが、

これからはお金プラスやりがいを求めて生きていくことが重要になってくるかもしれません。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告