スポーツは好きでもマラソンは嫌い!マラソンの意味不明なポイント3点をまとめました

こんにちは。うぐいすです。

僕は小さい頃から体を動かすのが好きです。

小学3年生から少年野球をやり始めました。中学でもそのまま野球部に入り、

高校ではハンドボール部、そして大学では軟式野球サークルに所属していました。

なんだかんだ社会人になるまでスポーツをしていた事になりますね。

そんなスポーツ好きな私ですが、唯一理解できない競技があります。

・・・マラソンです。

大体のスポーツの面白みは素人目にしても理解できます。

社会人になってからはスポーツをするより観戦する方が多くなりましたし。

しかし、するのも見るのも苦痛でしょうがないのがマラソンなんです。

スポンサーリンク

ただ走っているという感覚・・・

いや、走っている人からしたら走るにも色々あるわけで、

なんの戦略もなしに長い距離走れないと思いますが、

私が走る分にはただただゴールにめがけて走るだけという感覚なので、

そこに考えはなくてただ単に体力勝負でしかないわけです。

そこには磨くべきテクニックもなければ技もありません。

もちろん本当はありますよ。じゃなきゃプロランナーなんて存在しない事になりますから。

黙々と走る事により思考は停止する

もうほんとゴール目指して黙々と走るだけだから何も考える事ないです。

そんで疲れてくるとなおさら思考停止してきて、

「あれ?自分はなんで走っているんだろう?」

なんて無駄な事考えちゃったりして。

趣味がマラソンって人結構いますけど、

あれは走るのが楽しんでしょうか。

走る事で何も考えなくなる精神状態を楽しんでいるのでしょうか。

全く理解できません。

走る事自体に楽しみを見出せない

短距離走ならまだわかるんですよ。

あれは明確に速さを競っているんですよね。

それに見ていても「この選手はええな!めっちゃ興奮する!」ってなるじゃないですか。

その刹那の興奮がスポーツの醍醐味だと思うんですけど。

マラソンて長く走るから差がみるみる広がって選手同士がデットヒートするってないですよね。

つまりもう自分との戦いですよね。

まとめ

結局は愚痴になりますが、

私の会社にはなぜかマラソン部というものがあり、

年齢が若い社員は強制的にマラソン部に入部しなくてはいけません。

例に漏れず、私もマラソン部に入部させられてしまいました。

私は本当にマラソンにこれっぽっちも楽しみが見出せないので苦痛でしょうがないです。

しかも今度の大会が謎のシステムで、

野外でコースを走るならまだしも体育館で24時間交代で走るだけの大会らしいです。

それってただの拷問じゃありませんか。

全くマラソン好きの考えることは理解できません。

もちろんマラソンにはたくさんの魅力があると思いますが。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告