【銀行】金融機関に未来はない?金融業界が先細る前に見つめ直すべき点は何でしょう。

こんにちは。うぐいすです。ちょくちょく転職願望が湧いて出る私ですが、

今のところ転職活動を本格的にやってはいません。

しかし、転職サイトを見たり、

定期的にハローワークに行ってめぼしい求人票を探したりと情報集めは欠かさず行なっています。

というのも現在の日本の金融情勢は大変厳しく、

これからの時代、金融機関はどうなってしまうのか不安がとても大きいです。

もちろん金融機関だけじゃなくどんな会社に勤めていても今後の経済情勢次第ではどうなるかわかりませんが。

将来に置いて絶対はないのですから。

スポンサーリンク

金融業界も変わりつつある

金融業界とは総じて流行りに疎いものですから世の中の流行と必ずしも一致しないわけです。

今までは業務に関しても昔通りのやり方を続けているところが多々ありました。

しかし、

これまで通りでは金融機関は先細るばかりですので最近ではどんどん新しいやり方に変わりつつあります。

それでも世の中に対して遅れをとっているのが不安なところで私の転職願望の源でもあります。

今回はその中でも特に私が不安に思う点についてまとめていきます。

そもそも人手がかかりすぎている!

経費を削減して利益を生むのは会社として当然の方法ですが、

今の状態では業務に人手がかかりすぎています。

お客様に融資をするのにも何人にも稟議を回して印鑑をもらわなければなりません。

それに銀行の窓口業務にしても間違いがないようにと数人がかりで精査しなければなりません。

もちろんお金のことですから十分に気をつけることは大切ですが、

利益にならない仕事に人員をさいている横では、

人手をかけず民間企業が個人に融資するビジネスが注目を集めています。

民間企業が柔軟に創業者やフリーランスに投資している中、

銀行はいつまでサービスを続けることができるのでしょうか。

担保や保証に頼らない道を模索するべき!

今の金融機関はお客様から融資の申し出があった際、

まず最初に担保になる土地があるか、

保証会社の保証を取り付けることができるか、

保証人はつけられるかなど、回収できるかどうか判断します。

そこには未来も何もなく、過去と今あるものでその人の価値が判断される状況があるのです。当然、今価値のあるものを持っていない人には融資することが難しいですし、

もし融資できたとしても厳しい条件になってしまいます。

これでは希望を持って融資の申し込みにきたお客様に残念がられてしまうだけです。

また、そうして銀行が二の足を踏んでいる間に民間企業にどんどん参入されてしまいます。

そうならないためには過去ではなく未来を見据えて融資を判断するシステムを導入していくべきです。

実際にそうしたシステムを導入して実績をあげている金融機関もあります。

とにかく今のままでは金融機関に未来はない!

今までのような固いやり方からいち早く脱却することが金融業界だけではなく、今の日本の経済に必要なことであるのは言うまでもありません。

とにかく今のままでは金融機関は先細るだけです。

柔軟な対応ができ、お客様の未来にサービスできるような本当の金融業にならなくてはなりません。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告