【営業マン必須】台風シーズンは傘ではなくお気に入りの雨具(カッパ)で荒天を乗り切ろう!

こんにちは。うぐいすです。

梅雨の時期はもちろんですが、夏、そして秋になるといよいよ台風シーズン到来ですね。

営業マンとして外回りをしている身としては雨、台風は仕事効率、モチベーションを下げる天敵です。

大雨に降られてしまうとスーツはもちろん、重要な書類も濡れてしまい台無しなんてこともありますから。

そんな大雨の時は傘ではなくカッパを利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

営業マンの雨の日の必須アイテムは傘ではなくカッパである!

少しの雨くらいなら傘で十分かもしれませんが、

大雨の時や強風が吹いている日の雨対策が傘だけでは心許ないです。

また、営業マンも車で担当エリアを移動するのなら問題はないでしょうが、車移動とは限らず、徒歩や自転車、バイク移動の人も結構いるのではないでしょうか。

そんな人は乗り物に乗りながら傘をさすことはできないのでカッパが必須アイテムとなります。

安いカッパではダメ!ある程度いいカッパを選びましょう!

カッパにもピンからキリまであります。

安いカッパでも1回2回ほどなら問題なく使用することができますが、

ワンシーズン使っていると撥水性が弱くなってきて内側に雨が浸みてきてしまい、

雨具として機能しなくなってしまいます。

多くの人は営業マンとして長いキャリアを積むことになりますので、

どうせなら少し奮発していいカッパを選ぶようにしましょう。

撥水性はもちろんですが、内側が蒸れないかどうかもかなり重要!

撥水性が優れているかどうかはもちろん重要ですが、

夏の雨の日に使うものです。

ただでさえジメジメしているのに通気性のないカッパを着ていると暑くてジメジメして気分は最悪です。

それでは張り切って営業活動なんてできませんよね。

なので通気性の良いカッパを選ぶのもポイントの1つです。

サイズは普段よりワンサイズ大きめを選びましょう!

よくしてしまいがちなミスですが、

カッパはスーツの上から着ることになるので、

普段と同じサイズを選んでしまうと窮屈に感じてしまいます。

また袖が出てしまっては袖が濡れてしまうので、

ワンサイズ上のものを選ぶようにしましょう。

良いカッパで梅雨も台風も元気に乗り切ろう!

機能性ももちろん大事ですが、見た目にもこだわりましょう。

ただでさえ雨の日はテンションが下がります。

そこでお気に入りのカッパを身に付けることで少しでも良い気持ちで仕事に取り組めればいいですよね。

天気が荒れる営業マンにとっては憂鬱な季節となりますが、

機能とファッション性を兼ね備えたお気に入りの1着で元気に乗り切りましょう!


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告