夢の大家業も楽じゃない!?アパート融資について銀行目線でまとめました!

こんにちは。うぐいすです。

近年は銀行による過度なアパート融資が問題になっていますね。

日経新聞でもちらほらそのような記事を目にすることがあります。

私は金融機関に勤めていますので、もちろんアパート融資にも携わったことがあります。

というより、ちょっと前までは学生街を担当してましたのでアパート融資には少し詳しいので今日はアパート融資について銀行目線の基本をまとめていきます。

スポンサーリンク

アパート融資(投資)バブルの崩壊

こんな見出しを付けるとなんだか週刊誌みたいな雰囲気が出てしまいますね。

現在の不動産融資(投資)といっても昔ながらの土地転がしみたいなことではなく不動産を購入し、

その土地を有効活用して収入を得ようというものです。

どのように有効活用していくかというと、アパートを建てて、家賃収入を得たり。

コインパーキングにして駐車料金を得たり様々な方法があります。

買った土地をどのようにうまく生かすかはその人の考えや土地柄を考慮して変わってくるわけですが、

問題はこういった不動産購入に伴う融資が多すぎるということです。

銀行にとってアパート融資はおいしい理由

なぜ不動産購入に伴う融資が過剰になってしまったかというとそれは銀行のとってアパートに対して融資するのはおいしい仕事だったからです。

昨今の景気低迷により、主な取引先である会社や事業主が設備投資しなくなり、

融資残高が伸びない中、投資として不動産を購入しアパートを建てる不動産投資に融資することは家賃収入を返済に当てれば、回収に困ることもないですし、

もちろん土地も担保に取れば回収も容易な訳で、銀行としては安心して貸せる訳です。

こういった背景がアパート融資が急激に伸びた一因にあるんですね。

でもそれももう終わりだよ!

私の担当していたエリアは学生街だったのでアパートの需要があり、

ある時期はどんどんアパートが建っていきました。

みんなアパートは儲かると思い、どんどん建てていったみたいですね。

でも、いざ蓋を開けてみて、

アパートを建てるのはいいけど、少子化で子供の数は減っているし

築年数の経過してしまったアパートはメンテナンスが必要になり経費もかかってくるし、

そもそも新しいもの好きの学生に人気がなく空室が目立つようになってくるんですよね。

そうして家賃収入だけで返済をペイできなくなり、赤字に陥ってしまう大家さんも結構います。

返済を家賃収入で賄えないとなるとアパート融資も危ういものになりますし。

そもそもアパートを建てる魅力もなくなりますよね。

アパート建てるなら先の先まで計画しよう!

もちろんアパート建てるなとまでは言いません。

そういう人たちがいないと銀行も成り立ちませんから。

でも建てる前に入居率や収支の計画、建物のメンテナンス費などしっかりした計画を作成してからやらないと逆にお金がなくなってしまうなんてことになりますよ。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告