【浪費家】お金の管理がうまくできない人は通帳をもっとうまく活用して貯蓄しよう!

こんにちは。うぐいすです。

私の会社は給料日を25日に設定してあるので、

毎月月末の25日に近づいてくるとワクワクしてきます。

そしていざ給料が振り込まれると、とりあえず給料を全て引き出し、

色々な引き落としに設定している口座に振り分けていき、最終的に残ったお金が自分が1ヶ月自由に使えるお小遣いとなるようにしているのですが、

これでは自分のお小遣いがいくらなのか把握できないことに気付きました。

スポンサーリンク

浪費家の傾向がある人は意識的にお金を管理しよう!

私も浪費家の傾向があるので気を付けたいところです。

特に社会人になり、学生の頃では持つことのない大金を得られるようになったこと、クレジットカードを使うようになった頃からだんだん自分のお小遣いがいくらなのか把握できないようになってきました。

これではいけないと思い、最近は気を付けているのですが、

自分への戒めも含め、今回はお金を浪費しないための一工夫について記事にまとめていきます。

給料が入ったらお小遣い分も一旦口座に入金する

今までの私のように給料が入ったら引き落とし口座にお金を振り分けて、

残ったお金をお小遣いとして使うというようなやりくりをしている人は注意です。

残ったお金を全部現金として財布に入れておくと知らず知らずのうちに使ってしまい、いつの間にかお金がないなんてこともあります。

そんなことが起きないようにお小遣い分のお金も一旦通帳に入金してしっかり記帳しておきましょう。

そうすることで数字としてしっかり認識することもでき、

財布にお金を残すこともないので、いつの間にかお金がないなんて事態も防ぐことができるでしょう。

財布の中にお金を入れすぎないように!

浪費家の人はお金という現物が手元にあると使ってしまいます。

後先考えず、あればある分だけ使ってしまっていてはお金も思ったようには貯まりません。

そういった浪費を防ぐため、

財布には必要最低限しかお金を入れないようにしましょう。

そうすることでお金を持ちすぎていることで必要ないことでお金を使う危険性がなくなります。

なるべくお金を持たないこと。

そしてお金が必要な時に通帳からお金を下ろすという行動を必要とすることで散財を防ぐことができます。

基本的だけど貯金するなら先取り貯金が鉄則だよ!

基本的な話ですけど、なかなか貯金が貯まらない人に多いのは貯蓄用のお金を後回しにしていることが多いです。

毎月自分の使ったお金から余った分を貯蓄に回しているとなかなか貯まりません。

なのでまず給料が入ったら真っ先に貯蓄用のお金は分けましょう。

最初は自分の手元にあるお金が少なくなり心許ないかもしれませんが3ヶ月も続けていけば、習慣となり苦ではなくなります。

お金を貯めていきたいのであれば先取り貯金は鉄則です。

まとめ

お金を貯めることはなかなか容易なことではありませんが、

通帳やお財布をうまく使うことでしっかり自分のお金を管理する習慣さえつけれれば難しいことではありません。

特に若い人たちは若いうちから貯蓄の習慣をつけ、今後変わりくるライフステージに耐えれるようしっかり貯金していきましょう。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告