【銀行】カードローンは自分のお金じゃないよ!カードローンで多重債務者になるまでの仕組みを説明する

こんにちは。うぐいすです。

金融機関のカードローンによる個人への過剰貸し出し問題のニュースをみましたので、

金融機関に勤める一人として意見をまとめていきます。

スポンサーリンク

カードローン確かに便利だよ?

カードローン。

便利であることは間違いないです。

あくまで金利を気にしないのであればですが、

まず、一度申し込んで限度額さえ作ってしまえば、必要な時、何度でも反復利用ができます。次に大きなお金じゃなくて1万円とか5万円とか少額必要な時、

わざわざお金を借りる申し込みをしなくてもお金が借りられるのは便利です。

カードローン含め個人ローンは今の銀行の主力商品である。

赤いメガバンクのCMで阿部寛がしきりに宣伝してますよね。

あれが噂のカードローンです。

段階金利で金利数%から数十%とか言ってますけど、一般人が数%で借りれることはまずありません。

基本的に数十%です。メ

ガバンクが積極的に宣伝しているのでわかると思いますが、

今の銀行の主力商品は個人ローンです。

理由を簡単に説明すると今までメインだった企業に向けての融資が伸び悩んでいるからです。さらにいえば現在の低金利により、企業に貸し出す融資の金利はかなり低くなっており利回りが低いんです。

そうなると少額でも高金利で貸し出せる個人向け融資を積極的にやるのは当然ですよね。

まあ個人ローンも使い過ぎなきゃ問題はないんです。

必要なら借りなきゃいけないんだし。

問題は貸し過ぎているということです。いや、正確には借り過ぎている。

カードローンは借金だと認識できてますか?

今は融資の申し込み自体も簡単になってきています。ネットで簡単に申し込めたり、銀行によってはカードローン専用のATMみたいのを導入してたりしますよね。

簡単に申し込めるのはメリットもたくさんありますが、デメリットも結構あります。

特にカードローン自体への認識がマヒしている人が多い。

簡単に借りれることがカードローンが飛躍的に伸びた要因の一つでもあります。

申し込みの簡単なカードローンを便利に使いこなしていると、

だんだんカードローンの残高が自分のお金みたいに錯覚してくる人が多いんですよね。

それ自分の金じゃないから。れっきとした借金だからね。

この感覚がおかしくなってくると、

カードを2枚3枚使い回して多重債務者になってしまう

感覚がマヒしてくるとカードローンを2枚とか3枚とか作ってそれを回しながら使っちゃうんです。

最初はそれでうまく回るかもしれませんが、カードローンの融資枠を使い切っちゃうと途端に首が回らなくなってしまう。

残るのは返済だけです。

このサイクルが多重債務者を作ってしまう仕組みです。

カードローン使おうと思っている人もしくは使っている人はくれぐれも使い方には最新の注意を払いましょう。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告