”フジジン 甘口さしみ醤油”は刺身はもちろん馬刺し、焼き鳥にも合う最強の調味料

こんにちは。うぐいすです。前回の記事でまとめた通り、

ゴールデンウィークは”上高地”に行ってきました。

観光】GWに混じり気のない大自然”上高地”はいかが?本物の自然がそこにあった!

大自然を堪能したあとはお腹が空いたので松本城近くの居酒屋に入ったのですが、

そこで思わぬ発見をしました。

スポンサーリンク

長野で発見した大分の醤油の話をします

最初に言っておきますが、今回の記事で紹介するのはあくまで大分の醤油のことなので、長野はあまり関係ないです。

まあ長野県の名物馬刺しを食べるときについてきた醤油のことなので全く関係ないとは言えないですが。

長野県の名物は”馬刺し””山賊焼””信州そば”ですが

長野観光に行くにあたり、名物すら知らなかった私ですが、調べてみるとどうやら有名なのは”馬刺し””山賊焼””信州そば”のようです。どれも美味しいことに間違いはなさそうですが、私は特に馬刺しが好きなので、馬刺しのうまそうな居酒屋に入りました。

馬刺しを注文。セットで刺身醤油がついてきたのですがこれが運命の出会いでした!

早速、馬刺しを注文すると、運ばれてきた馬刺しに付属して刺身専用の醤油がついてきました。

馬刺しはもちろん美味しかったのですが、

今回の主役は醤油。

そう、この馬刺しについてきた醤油がうますぎて今回まとめてみることにしました。

醤油なんてどれも一緒だと思ってました

私はよくはま寿司に行くんですが、はま寿司にもいろんな醤油が置いてありますよね。

でも、醤油なんてしょっぱいのが当たり前で、

ベースの作り方と原材料が一緒なんだからどれも一緒だと思い、

対して考えもせずいつも同じの使っていました。

今回衝撃を受けた醤油がこちら!

”フジジン甘口さしみ醤油”

こちらのフジジンさんの醤油は本当に素晴らしいです。

なんというか、しょっぱいよりもまず甘さが先行して舌を刺激します。

それにただ甘いだけでなく、醤油のしょっぱさも感じることができます。

私はこの醤油で馬刺しを食べましたが、さしみ醤油ということで馬刺しにも抜群に合いました。

刺身は食べませんでしたが、

この醤油でならスーパーの格安の刺身も美味しく食べられそうです。

ちなみに焼き鳥の塩にもつけて食べてみたのですが、普通に合いました。

なので醤油というよりは焼き鳥のタレのようなテイストに近いのかもしれません。

ただ、焼き鳥のタレよりはもちろんさっぱりしていますので、

普通に何にでも合うのだろうと思います。

まとめ

今まで、調味料に気を使ったことはありませんでしたが、

今回、”フジジンさしみ醤油”に出会ったことで一つ価値観が変わりました。

確かに素材本来の味は大事です。

今回もうまい馬刺しあっての出会いだと思います。

しかし、素材を生かすためには調味料にも少しだけ気を使う。

それにより、美味しいものをさらに美味しく食べることができる。

これは今後の人生に活きてきそうです。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告