今村復興相の失言問題から普通の人を政治家に選ぶ難しさを実感した

こんにちは。うぐいすです。

今日は今村復興相の失言のニュースで世間は持ちきりでしたね。

こういった政治家の失言とかスキャンダルのニュースを見る度に思うのは、

政治家になるのに自分の能力って関係ないんだなってことです。

スポンサーリンク

普通の人を政治家に選ぶ難しさを実感する

皆さんが選挙の時、誰かに投票する際、どういった基準で選んでいるかはわかりませんが、

私はできるだけ普通の価値観を持っているっぽい人を選んでいます。

今回の今村復興相もそうですけど、

政治家って普通の価値観を持っている人ってなかなかいないじゃないですか。

そりゃ政治家ですから普通の人じゃなかなかなれないのは重々承知です。

でも私たち日本国民に必要なのは政治家目線で物事を見る人じゃなくて一般人として世の中を見れる人です。

そういう人が一人でも政治家になってくれればいいんですが。

政治家になれる人ってどういう人なのか

政治家の失言って価値観が一般人と離れているため起こります。

今回の今村復興相の失言も普通に考えることができる人ならば、あの発言をしたことにより世間がどんな気持ちになるのかわかるでしょ。

でもわからない人が内閣の大臣までやっているんだからどれだけ国民に見る目がないのかわかります。

そして、そんなとんでも発言をするような人でも政治家になれるんだから、

政治家になるには一般的な能力の定規とは外れた何かが必要であることがわかります。

結局、政治家になるには縁故なのかお金なのか

自分の持つ能力だけでは政治家になれないとしたら何があれば政治家になれるかってことですが。

もちろん自分が実際に政治家になってみるのが真実を知る一番の方法ではありますが、

そんな大それた考えはないので推測するしかないのが現実です。

ただ能力でないとすれと考えられるのは権力か資金力って考えざるを得ない。

もちろん大志を抱いた政治家もいるでしょう

政治家批判のような記事になってしまいましたが、

たくさん政治家がいる中で、中には日本をより良い国にしたいと立派な志を抱いた政治家もいるでしょう。

大事なのはそういう政治家を私たちはどうやって見つければいいのかということ。

マニフェストや演説だけでは結局はその人がどういう人なのか本当に理解することは難しいでしょう。

本当の意味で私たち国民に求められる選挙活動とはもっと政治や経済に関心を持って政治について普段から勉強することですね。

まとめ

政治家のスキャンダル問題が目立つ昨今。

私たち国民はもっと政治について勉強すべき。

そして、能力以外で政治家になる人が今後現れないよう人をみる目を鍛えて、選挙活動に臨みましょう。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告