【経営者】”てるみくらぶ”の様な自転車操業の会社は事業を続ける意味があるのか。

こんにちは。うぐいすです。

”てるみくらぶ”や”東芝子会社”の相次ぐ破産など最近の日本の経済事情はあまりいいニュースが聞こえてきませんね。

なぜ会社が破綻するのかってことは一概には言えませんが、要は景気が悪いってことでしょうね。

しかし、景気が悪い中でも必死に努力して利益を上げ続けている会社もあります。

銀行としては利益を上げている会社はもちろん支えていきます。

そして、利益を上げていなくても努力している会社はなんとかサポートしていきます。

しかし利益も上がっていないし、努力している様子も感じ取れないような会社は果たしてサポートしていくべきなのか。今日はそんな疑問をまとめていきます。

スポンサーリンク

”てるみくらぶ”のような会社はたくさんある

”てるみくらぶ”はほとんど利益の上がってない状態でした。

それでも事業を続けてきたのですが、これがどういう状態か簡単に説明すると、普通に利益の上がっている会社では売り上げの中に会社の利益になる部分が含まれます。

売上から諸々の経費を差っ引いたお金が利益になるのですが、”てるみくらぶ”ではこの利益になる部分がなく、売上がそのまま経費などの支払いに充てられ、利益になる部分がないという状態に陥っていたということですね。俗にいう自転車操業の状態です。

この状態でも赤字にならなければ事業は続けられますが、全く利益に繋がってませんし、売上が落ちてしまった場合、あっという間に赤字に転落、そして破産ということになります。

実はこういう自転車操業の会社ってたくさんあります。

法人に限ってではなく個人事業主も含めれば相当な数になります。

自転車操業でも続ける意味はあるのか

あります。しかしそれは一時的なものに限ります。

一時的な売り上げの低下で自転車操業がやむ得ない場合などに限ってです。

今後、利益が上がる計画がある場合などは自転車操業でその場をしのぐこともいいでしょう。この場合、これまで利益を積み上げてきた分の内部留保なんかを切り崩してもいいです。

しかし今後利益の上がる見通しがない場合は続けても自分の首を絞め続けるだけなので、資金に余裕のあるときに今後会社を閉める計画を立てておいた方がいいです。

利益が上がらなくても努力し続けることができるか

それでも会社を続けていきたい人は苦しい思いをして事業を続けていく覚悟がある場合なら事業を存続してきましょう。

私の経験上、そういう覚悟を持てる経営者なら今後、会社の業績が回復していく見込みがあります。

しかし、バブル期など景気のいい時を経験している経営者のように景気が良くなれば、利益も上がってくるとか甘い考えならやめておきましょう。

今後は景気だけでは業績は回復しません。どんぶり勘定なら数字を見直す必要もありますし、経費削減。リストラも視野に入れていかなくてはなりません。

こういった企業努力ができるのであれば銀行側もサポートしていくことができます。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告