【営業の極意】営業マンは契約を取りに行く前に情報屋のおばちゃんを仲間にしろ!

こんにちは。うぐいすです。

なんとか地獄の年度末を終えて、ホッと一息つくことができています。

ノルマもなんとかこなすことができたので異動する身としては有終の美を飾ることができたのではないかと思っています。

まあ色々トラブルもありましたが・・・

しかし一息ついてる時間は短いものでまた月曜日から新年度が始まります。

月末の人事異動により今とは違う店舗に配属が決まっている私としては不安な気持ちでいっぱいです。

この時期、私と同じ境遇の営業マンもたくさんいるでしょう。

今まで担当していたエリアを離れ、また新しいエリアを担当することになるのですが、全く何も知らない地域からいきなり契約を取ってくるのは簡単ではありません。

また、担当する地域性や特色も知っておきたいですよね。

しかし、地域の特色と言ってもこの地域の名産物はこれで観光スポットはここが1番とかそんな情報誌やネットで調べれば出てくるような地域の情報は営業マンにとってほとんど役に立ちません。

私たち営業マンにとって必要な情報はあの家の人は何に興味があるとかどこどこに勤めているとかあそこの家の息子さんは高校3年生で受験を控えているとか個人の情報。

つまり近所のおばさんたちの井戸端会議的な情報の方がよっぽど役に立つんです。ということで地域の情報をいち早く手に入れるには、

スポンサーリンク

情報通のおばちゃん達の仲間になるのが1番手っ取り早い

新しいエリアを担当するにあたり、初めにやっておくべきことは情報通のおばちゃんの懐に入っておくことなんです。

そうすることで自分ではお客様から引き出せないような情報をたくさん仕入れることができます。

やっぱり営業マンのような仕事上の関係の人より、近所の人のように古くから知り合いでお互い気の知れた仲の人の方が気軽に話ができますよね。

そういった自分では聞き出せないような情報も噂好きのおばちゃんの手にかかれば簡単に聞き出すことができます。

噂好きのおばちゃんを見つけるには

経験が浅い営業マンには情報屋になり得るおばちゃんを見つけ出すのも難しいかもしれません。

しかし、少しポイントを抑えれば簡単に見つけ出すことができます。

担当エリアの中でおばちゃん達が集まってお茶を飲んでいるところを探し出しましょう。

そこに情報屋のおばちゃん達は集まっています。

あと古くから営んでいる個人経営の美容室なんかも狙い目ですね。

やはり人が定期的に集まる場所はそれだけ情報が集まりやすいです。

仲良くなるのはそんなに難しくない

いざ、情報屋のおばちゃんを見つけたらあとはいかに仲良くなるかってとこですが、これは別段難しいことではありません。

もともと話好きな性格な人が多いのでこっちが黙っていても喋ってきます。

1回一緒にお茶でも飲めば取り入るのは容易でしょう。

仲良くなったら後は定期的に顔を出していれば地域の情報を教えてくれます。

中には不要な情報もありますが、提案に結びつくような情報も教えてくれるので営業マンとしては非常にありがたい存在になります。

これからどうやって契約を取っていこうか悩んでいる営業マンの皆さんは是非情報屋のおばちゃんを見つけてみてください。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告