【サラリーマンの宿命】初めての異動!!挨拶とか引き継ぎとか色々めんどせー!

こんにちは。うぐいすです。

会社の決算月ということで毎日数字に追われる日々を過ごしていましたが、そういえば期が変わるということは人事異動の時期でしたね。

多くの企業でこの時期大幅な人事異動があることでしょう。

かくゆう私も異動の内示をもらってしまい、4月より他の支店に異動になることが決まりました。

何しろ初めての異動なのでわからないことしかないのですが、スムーズな異動ができるようにやらなければいけないことや知っておかなければいけないことをまとめます。

とりあえず・・・

スポンサーリンク

異動嫌だ!めんどくせー!!

異動はサラリーマンの宿命だってよくいいますけど、やっぱり異動は嫌です。

いざ自分に内示がきたときは絶望しました。

今の支店には4年くらい在籍しましたが、割と居心地良く仕事出来てました。

運良く上司にも同僚にもそれなりに恵まれてました。

また異動に伴い、普段ない特別な仕事にも追われることになりますね。

ズバリ後任への引き継ぎ作業です。

これから来る私の後任者に今ある仕事やお客様の情報を引き継がなくてはいけません。

私は抱えている顧客数がかなり多いので骨の折れる作業になりそうで今から気が滅入ります。とにかくやらなければならないことを一つ一つクリアしていきます。

異動に伴う挨拶回りをする

とにかく最優先に今までお世話になったお客様への挨拶回りをしなければいけません。

とは言っても、

短い引き継ぎ期間で全てのお客様に別れの挨拶をするのはスケジュール的に厳しいです。私の会社では引き継ぎ期間は1週間ほどしかないんです。

そのため、回るお客様も選別していかなくてはなりません。

会社に有益な取引先から回って、あとはちょっと気難しいお客様を回ろうと考えています。

膨大な量の書類整理(不要なものの破棄)

4年間も在籍していたので、その間に溜まった書類の量も半端ありません。

これらの書類も後任に引き継ぐものは引き継いでいらないものは破棄していかなければなりません。

”立つ鳥跡を濁さず”という言葉があるように机を綺麗にして新天地に赴きたいです。

膨大な量といってもほとんど不要な書類だと思いますので、潔くシュレッダーにかけていきます。

歓送迎会に参加しなければならない

異動に伴って各支店で歓送迎会が執り行われることでしょう。

私も今の支店で送迎会をしてこれから赴任する支店で歓迎会をしてもらうことになると思いますが、正直してもらわなくてもいいんですけどって感じです。

まあこれもサラリーマンの宿命ですね。

歓送迎会では挨拶をしなければならないと思いますのでこれもしっかり考えておきたいですね。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告