甲州印伝の名刺入れは年配層にウケが良い!営業マンにオススメする3つの理由

こんにちは。うぐいすです。

サラリーマンの皆さん!

特に営業マンの皆さんは日々色々なお客様と面談し、商談を進めていることだと思います。

商談を進めるにあたって最初にすることはもちろん名刺交換ですよね。

名刺交換はサラリーマンにとって大事な儀式です。

大事な儀式に使う名刺を安物の名刺入れに入れていては大事な商談もまとまりませんよね。

私は入社当初、百均で買ったアルミの名刺入れを使っていましたが、取引先の社長にこっぴどく怒られたことがあります。

名刺入れは財布と一緒です。一流のサラリーマンなら名刺入れにもこだわりたいですよね。

そんなサラリーマンの方達に今日は客受けの良い名刺入れを紹介します。

スポンサーリンク

私の愛用する名刺入れは甲州印伝

皆さんは”甲州印伝”て聞いたことありますか。

最近ではちらほら都内の百貨店にも店を構えているようです。

若い人たちはあまり馴染みがないかも知れませんね。

甲州印伝とは山梨の特産品の1つです。

特徴は鹿革に漆で模様を付けてあること。

そんでこの特徴ある革を使って様々なアイテムを作っているのが甲州印伝というブランドです。

簡単にいうと山梨発祥の工芸品ですね。

ではなぜこの甲州印伝が名刺入れにぴったりかというと

年寄りウケが抜群に良い

若者目線でいくと名刺入れなど小物はどうしても有名で流行のブランドにいきがちでしょう。もちろん一度購入したら長く使うものですからなるべく愛着のあるものを選びたい気持ちもわかります。

しかし、名刺入れを使う時って基本的にビジネスの場です。

あるならなるべく相手が興味を持つような名刺入れを使っていた方が会話が弾みます。そして基本的に私のような若造を相手にするような商談は少ないです。

何かしらの決定権を持っている人って中年、もしくは初老くらいの人達です。

決定権を持つお年寄りにウケの良い名刺入れって考えた時”甲州印伝”は抜群の効力を発揮してくれます。

名前ではなく質の良さが光る一品である

先に述べたように”甲州印伝”って名前だけではピンとこない人も多いかと思います。

特に若い人はそうでしょう。

しかし年寄り界隈ではかなり有名なブランドなので、ある程度歳のいってる人だったらピンとくるはず。

しかし名前ではなく

”甲州印伝”の何が素晴らしいって1番はその質の良さです。

若い方で漆を用いたアイテムを持っている人は少ないと思います。

もちろん私も”甲州印伝”を手に入れるまで漆とか革とか特になんとも思っていませんでしたが、いざ使ってみるとその良さに気づきます。

漆特有の光沢も素晴らしいし、使い込むと渋みが出てきて一層かっこよさが増します。また鹿革が丈夫なので壊れたりよれたりすることもありません。

使えば使うほど愛着がわくってこういうことなんだなと実感できました。

質の良さに加え手頃な値段である

漆、さらには鹿革というとさぞかし高そうな匂いがプンプンしますよね。馴染みがない方ならなおさらです。

しかしこの”甲州印伝”値段はそんな高くなく手頃な値段で購入できます。

名刺入れも5千円前後で購入できますよ。

値段も私が”甲州印伝”を愛用する立派な理由の1つです。

名刺入れ購入を機にビジネス用の小物は”甲州印伝”を選ぶようになりました。

この小銭入れも愛用しています。

名刺入れなどビジネスで活用する小物は是非甲州印伝を取り入れてみてください。

本当に年配の方で興味を持つ人が多いので会話のきっかけにもなりますよ。

色のバリエーションも豊富なので気に入った品を見つけてみて下さい。

ちなみに私は紺色の名刺入れを愛用してます。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告