【本末転倒】残業は月100時間まで!つまり毎日10時まで残業していいってこと?

こんにちは。うぐいすです。

残業時間に規制を設ける労働基準法の改正により月100時間未満ん残業が認められるになりそうで大きな波紋を生んでいますね。

私の場合で当てはめれると、土日は休みだとして1ヶ月の出勤日数が大体22日です。

定時が17時半なので17時半以降は残業ということになります。

月100時間の残業を22日間で割ると大体毎日4時間半残業していいという計算になりますから、17時半の4時間半後は10時になりますので、

毎日10時まで残業が許される計算ですね。

スポンサーリンク

冗談じゃないよ

今現在、毎日4時間半以上残業している人ももちろんいるから残業の基準が100時間未満に設定されるのでしょうが、

毎日1、2時間の残業でクタクタになっている身としてはそんなに残業させられたら体力的に死んでしまいます。

そもそも会社規則で決められた就業時間より4時間半も残業が必要になること自体おかしい話です。

業務自体を見直した方がいいでしょう。

残業100時間してもその分残業代もらえれば問題にならない

仮に毎日4時間半残業したとしたその分残業代が支給されるのであれば、社畜の身としても少しはやりがいがあります。

もちろん世の中にはお金を稼ぎたいから残業して稼ぎたいって人もいるでしょう。

しかし、この不況の中、経営陣としては人件費は抑えたいところで、残業をいくらしても残業として計算される部分は少ないのが今の現状の日本です。

つまり4時間半のうち何時間かはサービス残業になり、無償の可能性が高いわけです。

こっちは時間と命を削って仕事をしているわけですから割に合わない話ですね。

残業時間削減のためには仕事の効率化を進めるべき

ただ、残業時間を減らせって言ったって、仕事が終わらないから残業が存在しています。

では残業時間を減らすためには仕事を今より効率化する必要があります。

今の日本の会社はとにかく無駄が多いですよね。

私の会社では1つの書類を作るのに数部署にも渡って印鑑をもらい歩く必要があります。

これも書類じゃなく電子化すれば、労力もコストも時間も削減できます。

更に言わせてもらえば、私みたいな一社員にもう少し仕事の権限を与えてくれれば、自分の権限の範囲内でできる仕事が増えるので、より仕事の効率化も進みますし。

上司も書類にいちいち目を通して管理する時間が減るので、自分の仕事にもっと時間を設けることができます。

これだけでもだいぶ時間の効率化を測ることができますよね。

私のアイデアだけでこれだけ出てくるのですから、みんなで知恵を絞れば削れる仕事は多々あるはずです。

日本の悪い慣習を断ち切る必要がある

仕事の効率化をいくら図ったところで

今の日本の会社では残業=仕事頑張ってる。とか優秀とかそういうイメージがやっぱり残っています。

今は割と残業について問題になっているのでこういうイメージを壊すチャンスです。

残業することは何も偉くないし、優秀かどうかにも全く繋がりません。

むしろ短時間で仕事を終わらせる人の方が優秀です。

日本の残業=優秀というイメージから変えていかないと残業がなくなることはないですね。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告