花粉症で鼻水が止まらなくなってきたので花粉症対策を語る

こんにちは。うぐいすです。

暦の上では春とはいえ気温は全然暖かくならず。

今日なんて朝通勤している時、雪が舞っていました。

これではまだまだ寒い日が続きそうですね。

とはいえですよ。

今日はなんだか鼻水が止まりませんでした。

ひょっとするともう花粉症の季節が始まっているのかもしれません。

ていうか最近全然天気予報とか見ていなかったので確認したらとっくに始まっていたみたいです。

自覚症状がなかったので今日鼻水が止まらなかったことで再確認できました。

スポンサーリンク

花粉症とともに歩んできた人生

思い返すと私が花粉症を発症したのは小学4年生の時でした。

その当時、野球小僧まっしぐらだった私は、毎日、学校のグランドでボールを追いかけていました。

しかし、

ある季節になるとなんだか鼻水は止まらないし、目も痒いなんて日が続きました。

これはどうもおかしいぞってことで耳鼻科で診てもらうと花粉症という診断。

そこで先生に言い放たれた言葉は

「症状がひどいようなら野球をやめなさい。」

その当時、野球に夢中だった私にはこの言葉はとても衝撃的でした。

だって辛いは辛いにしても花粉症ごときで青春を傾けてきた野球を辞めなくてはいけないなんて花粉症恐ろしい。

花粉症も恐ろしいですが、こんな重大な決定をさらりと言ってしまうあの先生も恐ろしかったです。

医者の言葉ってとても重いんで、

親とかは真剣に野球を辞めさせるかどうか考えてしまいますよね。

当時、毎日練習していた小学校のグランドには全方位スギの木が植えられていて恐ろしい黄色い粉を目で確認できるほど振りまいていたし、

田舎なのでスギの木で覆われた山々も周りにたくさんあるのでなるべく外に出ないにこしたことはないのでしょうが。

やっぱり花粉症ごときで夢を諦めるのはどうかしてる

ってことでこの時から私と花粉症の戦いは幕をあげたのでした。

花粉症に効くと言われていたものたくさん試した

そうと決まれば、花粉症に効くと言われてたものを端から試していきましたよ。

今となれば、何が効いて何が効いてないんだかよくわかりませんが、

その人の体質によって効くものと効かないものも人それぞれみたいなので、気になる人は試してみてください。

まず甜茶ですね

これは毎日朝昼晩と欠かさず飲みましたし、

花粉症の時期はどんな時でも水筒の中身は甜茶でした。

この甜茶甘みの中に苦味があったりしてあまり好きではありませんでした。

でも飲みにくいかと言われればそんなことはないので苦にはなりませんでしたね。

ヨーグルトも毎日

これも毎日欠かさず食べました。

一体どうゆう原理で花粉症に効くのかいまでもよくわかりませんが、

とりあえずこの時期は快便でしたね。

特に花粉症に効くと言われているのは”R-1”

これはなんか効いてた気がする。大葉を1パック丸ごと生で食べる。

どこで聞いてきたんだか知りませんが、

母が仕入れてきた情報で

大葉を生で食べると花粉症の症状が抑えられるというもの。

理由はよくわかんないんですけど、私にはなんか効いたんですよね。

一時的にですが。

でも卒業式とか入学式とか大事な日の前には大葉を食べていました。

今は食べてません。

あとは花粉症自体から身を守る対策をいくつかしてます

花粉症を吸い込まないことが大事なのでマスクはマストです。

毎日使うものなので基本的に安くてたくさん入っているものを買っていますが、最近鼻セレブのマスク版があることを知り、着用したところ、

なんとなく肌に優しい感じと守られている感じが量産タイプのマスクよりはいいです。

ただ、普通のより少しだけ高いので、

鼻水がひどいとか、今のマスクが合わないって人は試す価値ありです。

部屋に空気清浄機を設置しました

やっぱり違いますね。

ずっと憧れてはいたんですが、値段がそれなりにするし、いざ買ってあまり効果がなければ損をした気分になるので買うのをためらっていました。

でも買ってよかった。

部屋の中で鼻水に悩まされる機会が少し減った気がします。

今年、もう一つ買おうかなと思ってます。

今一番欲しいのはこれです

今まで外から持ち帰ってきた花粉は掃除機で吸い取っていたのですが、

なんとなく吸い取れていないような気がしていて、

なんか花粉を吸い取る専用のマシンはないかと探しているとこれを見つけました。

なんかこれ普段あまり洗うことのできないコートなんかにも使え、匂いも除去できるみたいなのですごく良さそうです。

今度買ったらレビュー記事を書きます。


こんなに色々やっても完治はしない。

それが花粉症。

頭のいい人たちが花粉症を一発で治す薬を作ってくれるまで、私たちはうまく花粉症と付き合っていかなければなりません。

うまく対策を行えば症状を軽くすることもできますので諦めずに頑張りましょう。

それと今回の対策と合わせて、花粉症の薬はちゃんと病院でもらった方がいいですよ。

結局そっちのが安いし、効くし、副作用も少ないです。

では辛い花粉症の時期も明るく過ごしましょう。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告