高校3年間ハンドボール部に所属して関東大会まで行けた私が魅力を語る【その1】

こんにちは。うぐいすです。

最近というか近年、マイナースポーツが昔より、メディアに取り上げられるようになってきて、個人的にとても嬉しく感じでいます。

私がまだ幼い頃はスポーツといえば野球かサッカーって感じで、少年時代はほとんどの同級生がどちらかのスポーツクラブに所属していました。

中学に上がると部活動としてバスケやバレー卓球などのクラブに所属する選択肢が増えますが、それらのスポーツも野球やサッカーには劣るものの決してマイナースポーツと言える代物ではなかったです。

スポンサーリンク

高校に進学してハンドボールに出会い、魅力にはまった

中学までは例に漏れず、私も野球小僧でした。

しかし、市内に中学が4校しかないこんな田舎でも、上には上がいるもので、やっとこレギュラーにはなれてたものの、野球での己の限界を感じていました。(もう坊主が嫌だった気持ちもあり。)

そこで中学卒業を機に、野球から卒業して心機一転高校では新たな挑戦として、違うスポーツに挑戦してみることに。そこで出会ったのがハンドボールでした。

ハンドボールを選んだ理由

基本的にほとんどの学生が中学で所属していた部活動をそのまま高校でもやるっていうのが通例なので、中学であるような部活動は選択肢から外れていました。

やるからには補欠は嫌です。絶対レギュラーになりたかったので、そして、個人競技より団体競技が良かったので、自然にハンドボールという結論に至りました。

消去法で選んだので最初は情熱の何もありませんでした。

競技の内容もルールも未知

無事に入部届けを提出して、入部できましたが、ハンドボールというスポーツがあるのは知っていたけど、どんなスポーツなのかどんなルールなのか全くの未知。本当にゼロからのスタートでした。

実際にハンドボールを見てみるとイメージしていたサッカーを手でやる感じとは全く違い、結構激しいスポーツなんだなというイメージです。

空中の格闘技の異名を持つハンドボール

詳しいルール説明はしません。

そこは私より詳しい人がたくさんいるし。

なんなら実際にみる、またはやってもらった方が早いから。

今回は魅力だけ語っていきます。

簡単にどんなスポーツか説明すると、7人対7人の団体競技で、ゴールに向けて走って飛んでシュートして得点を決める。

そしてもちろん得点の多いチームが勝つ。

ここで注目すべきは飛ぶということ。

ハンドボールではシュートを決めるべきゴールの半径6m内はキーパー以外入ることができません。

しかし、空中であれば、入ることができるので少しでもゴールに近づくために飛ぶ必要があるんです。

この飛んでシュートを打つという行為が他のスポーツにないハンドボールの醍醐味の一つと言えます。

さらにハンドボールのもう一つの大きな特徴としてはディフェンスとしてファールが認められていること。

そのため、結構激しいぶつかり合いがあります。というかできます。飛ぶことそして激しいぶつかり合いがあること。

この2つが空中の格闘技と言われる所以です。


さて私の3年間の青春を1記事で書き切るのは忍びないので、今日はこの辺で、続きます。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告