道端でゴミ(枯葉)燃やす田舎のおじいさん多発問題

こんにちは。うぐいすです。

本当、最近空気が乾燥してますよね。

私の肌も例年、この時期はカサカサなので保湿が欠かせません。

こんな空気が乾燥している時期に多発するのが、火事とインフルエンザですよね。

特に火事は火の元に気をつけないと一生を棒に振るってしまう可能性があります。

それにしても最近私が特に気になるのが、

この時期になるとやたら道端や空き地で火を燃やしてるおじいさんが多発すること。

オールシーズン燃やしてるのかもしれませんが、この時期は火に敏感になるので特に気になります。

あれってどうにかならないですかね。

スポンサーリンク

はっきり言って迷惑

はい。迷惑なんですよね。

特に実害を受けているわけではないですが。

(これから述べますが、十分実害受けてる。

)特にこの時期は火事の危険性もありますし。

なぜ今、そこで火を燃やさなければならないのかとても疑問です。

何を燃やしてるのか

日常生活していて、ものを燃やすっていう需要あります?って感じですが、おじいさん達にはあるみたいですね。

何を燃やしているかっていうと藁とか枯葉とかですね。

それわざわざ燃やさなくてもゴミとして処理すればいいと思うんですけど。

ただ、藁とかって田んぼとか畑とかやってる人にとっては保温材になったり、肥料になったりするみたいなんで一概に無駄とは言えませんが、それにしたって道端でやることなくない。

えげつない煙

火を燃やすことに加えて迷惑なのが煙ですね。

勢いよく上がる火だけなら危険ってだけですが、煙まで出されてしまうと、息できないし、周りは見えないし、衣服には匂いがつくしでもう最悪です。

これを道端でやるんだから、交通事故の危険性だってありますよ。

この前は、高速道路のそばで火を燃やしていたら煙が出すぎて、高速走ってる人に通報されたなんてこともありました。

ていうか私の地元ではよくある話です。

田舎ではありがちな風景ですが、都会の人たちから見ればあんな量の煙は火事以外考えられないのかもしれません。

行政でも一応禁止している行為

地域差はあるかもしれませんが、道端で過度に火を燃やす行為は禁止されている場合が多いです。

私のところでも一応禁止されているとのことでした。

市の職員や見回り中のおまわりさんが火を燃やしているおじいさんを発見した場合、即座にストップがかかります。

”昔は良かった”とか言ってる時代じゃない

ひと昔前は道端で火を燃やすことは普通の日常だったのかもしれません。

その名残からおじいさん達は火を燃やしているのでしょう。しかしもうはっきり言って時代は変わりました。

火を燃やす行為よりごみ収集の効率の方が格段に良いので自ら焼却する必要なし。

ゴミを燃やすことにより有害物質が発生する。

そして、最近の子供は結構デリケート。

風流だとかそんなこと言う人もいますが、そんなのどうでもいいから迷惑かかってる人のことも考えてください。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告