夏の営業は辛いっていうけど冬のがきついよ

こんにちは。うぐいすです。

私の住む地域にも大寒波到来。めちゃ寒いです。

朝、車の気温計が−9って寒いにもほどがありますよね。

でもこんなの序の口でシャレになんないほど寒い中、私はこれから仕事中一日外回りをしなくてはいけないわけで、本当の地獄はこれからです。

移動手段大事

外回りっていっても移動手段は人それぞれです。

私の会社では担当エリアごとに移動手段が分かれています。

店から遠いエリアを担当の人は電車or車で、中間地点はスクーター、近場は徒歩or自転車って感じです。

いつか、テレビで見たことありますが、メガバンクでも営業担当は、徒歩や自転車も移動手段になっているみたいなので、この移動手段はどこも大体一緒なのかなって思います。

そんで移動手段が車や電車の人はまだいい。車は車という逃げ道があるし、電車は移動時風に吹かれることもないでしょう。

問題はスクーターや徒歩で移動しなければならない時です。これが本当にきついです。

風防付きのヘルメットを着用しているとはいえ、顔には直接冷風がぶつかってくるし、手はかじかんで感覚がなくなってきます。

極寒の中、冷気の中に体当たりをしている感覚。営業の人ならわかるよね

冬は逃げ場がない

外回りといっても次から次へお客様と面談するわけではなく、出先で書類を作成することもあれば、事前に約束した時間までの空き時間もあったりします。

私みたいな金融機関の営業係はノルマが達成できてれば、サボる時間まであるわけです。

そんな時は喫茶店やファミレスで時間を潰すこともたまにありますが、一応勤務中でもあり、人目も気になります。あと時間が空くたびに喫茶店に行ってたらお金がきつい。

夏場であれば、適当な公園で時間を潰すのもいいでしょう。しかし冬は無理。

ただ、外にいるだけで寒いのに、公園で書類作成とかいってもペンを持つのも手がかじかんで無理だし。

考え事も寒すぎて頭が回りません。

防寒対策はしっかりしよう

冬場、スーツのみでの移動は言語道断です。しっかり防寒対策をしましょう。

ただ、お客様と面談する時はコートを脱ぐのがマナーなのであくまで着脱しやすいもので。

コートはもちろん必須ですが、手袋とマフラーも必須でしょう。

私はこれに追加でホッカイロを常備しており、特別寒い時には背中とお腹に貼ります。

あと今若者の間でも愛用者が増えているという腹巻も巻きます。

見落としがちなのが下半身の防寒、これを怠ると痔になります。ヒートテックを履きましょう。これだけで全然暖かさが違います。そして靴底にも冬用のものを

地面って冷えるんですよね。

スクーターで移動を余儀なくされている人は移動時だけウィンドブレーカーをスーツの上から着とくのも効果的です。

夏より冬のが嫌

よく夏場の外回りって大変そうって人に言われますけど、実は夏より冬のが大変なんですよね。

冬は長いし、これからまだまだ寒いいが続くと思われますので、営業の同志諸君は体調を崩さないよう一緒に頑張りましょうね。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告