スケートは今時ダサいと言われたけどそんなことないよね

こんにちは。うぐいすです。

なんだか今週かものすごく寒かったですね。

なんでもすごい寒波が来てたみたいで、私の住む県では雪が舞いました。

舞ったぐらいでよかったってもんで、日本海側は大雪だったみたい。

センター試験を控える学生たちもなかなか大変だったみたいです。

頑張ったみんなに幸あれ。

スケートはダサいのか

今週末は寒かったにせよ。外で元気よく体を動かすことができました。

何をしたかって。スケートです。

最近、デートでスケートってあんまり聞かないですが、私の住む地域では学校の体育の授業にスケートが取り入れられており、なかなか活発に取り組まれています。

スケートに行く前日、仲間と食事に行ったのですが、話の中でスケートの話が出ました。内容は「今時デートでスケートはない。」「せっかく雪山が近くにあるんだからスノボーいけば。」「スケートってもう流行んない」「羽生くんかっこいい。」などなど。

みんなあんまりスケートにいい印象持ってないみたいでした。

しかし、私はスケートかっこいい。スケート楽しい派。

少しでもスケート人口を増やすためにスケートの魅力を語ることにします。

滑れなくても楽しいよ

熱くスケートの魅力に語るのだから、私自身スケートの腕前に自信があるのかと思われますが、私もそんなにうまく滑れるわけではありません

年数回スケートリンクに足を運びますので、ど素人よりは滑れますが、リンクを縦横無人に駆け巡るまではいかず。そして結構転ぶ。それでもスケートが楽しいと言えるのは、うまく滑れるようになるまでの過程がまず楽しいのです。

スノボー、スキーなどかっこいいウインタースポーツはそれなりに滑れるようになるまで時間がかかります。

まずはインストラクターのレクチャーなんかも受けた方がいいでしょう。

しかしその点スケートはど素人でも最初からある程度滑れます。そこから自分なりに体の動かし方を考えて、一人で上達していくことも可能です。そう考えるとスケートは非常に敷居の低いスポーツと言えます。

スケートリンク内で子供が転がりながら滑れるようになっていく。これがスケートの日常です。

一日遊んでもそんなに疲れない

先に述べた通り、私の地元には雪山が多数存在しますので、スキーやスノボーなどのウインタースポーツも一通り、嗜んでいますが、

これらに共通して言えるデメリットは一日滑るとかなり疲れるということです。

朝早く出発してゲレンデに到着、日が暮れるまで滑って帰宅する。

そう、もう何がなんでも一日がかりの遊びなんです。

その点スケートは午後からふらっとスケートリンクを訪れて、2時間くらい滑って帰宅。なんか公園に散歩みたいな。

また朝から一日滑っていたとしてもスキー板を担ぐわけでもないし、リフトに乗り降りするわけでもないので気軽に遊べます。

お値段もお手頃

いざ、ゲレンデでスノボーして遊ぶって結構高いんですよね。

リフト券だって3千円くらいはしますし、ウエアだって2、3万でしょ。板に関してはピンキリだって言っても5万くらいはしますし、1から揃えるってなると10万くらいは簡単にすっ飛んでいきます。

それに比べ、スケートは入場料とスケート靴のレンタル料込みでも2,3千円ですもん。

なんてお手頃な値段。これはいざスケートをやってハマんなかったとしてもそんなに痛手にはなりませんね。

スケート楽しいよみんなもやろう

メリットばかり述べてきましたが、単純にスケート楽しいです。

普段歩く、走るくらいしかしない人間が自分の力で滑るって体感できるのは実に爽快です。

そんなに上手くならなくても、コツを掴めばフィギュア選手ばりの回転だってできますし。

おすすめです。機会があればスケートリンクに行ってみてください。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告