スウェットはGUで間違いない

こんにちは。うぐいすです。

雪が降ってきましたね。

私の住んでいる地域では大雪注意報が発令されてます。こんな日は外を出歩かず、家でのんびりしているのが1番安全です。

ところで皆さん。自宅ではどんな服装をしていますか。家でもしっかり外出できるような服装を心がけている人はとても立派です。

しかし、大半の人は自宅では動きやすい部屋着でいることが多いのではないでしょうか。かくゆう私も自宅での服装は大半スウェットです。

スウェット。

楽ですよね。ということで今回はスウェット愛好家の私がスウェットについて語っていきます。

愛用してるスウェットの大半はGUで購入

何枚か着まわしているスウェットの数々ですが、大半はGUで購入しています。

実は特にこだわりはないのですが、部屋着なので高いものを着る必要はないという持論の元、色々模索した中で結局はGUのスウェットが1番安い上に物も悪くないということで今に落ち着いています。

価格は新作の外出するときも着れるスウェットはズボンだけで1980円とかするのもありますが、上下で1400円のスウェットもあったり、セールで980円のものもあったりと探せばお手頃なものが出てきます。ぜひ皆さんも探してみてください。

カラーバリエーション豊富

スウェットといえばグレーのイメージが強いはず。しかし、今ではスウェットのカラーバリエーションも豊富になってきており、紺色はもちろん、ピンクもあったりして、意外とおしゃれに着れたりします。

ちなみに私もピンクのスウェットを着ていますが、部屋着特有のヨレヨレ感が出ないので、コンビニに行くぐらいならスウェットのまま出かけることもできるくらいです。

まあ都会ではちょっと無理かもしれませんが。

毎日着るものですから、グレーとか黒とか地味な色もいいですが、明るい色も取り入れることでちょっと気分を変えることができるかもしれませんね。

ちなみにGUでは様々なカラーのスウェットが購入可能。

寝るときはパジャマがいいとされてるけども

質の良い睡眠を取るにはパジャマのが良いとされています。

寝るときは締め付けが緩く、熱を放出しやすい薄い生地のものがいい。

そうだとするとスウェットは睡眠に適していないのでしょうか。

締め付けの強さ。スウェットはウエスト部分に伸縮性のあるゴムを利用されている場合が多いです。しかし。最近のスウェットはこの締め付け部分の面を広くすることで締め付け感を緩和する工夫がされています。

なので、この点はパジャマに引けを取らないわけです。

次に熱を放出しやすいかって点ですが、これはさすがにパジャマには勝てないかもしれません。パジャマはシルクや麻素材を使うことで非常に風通しがよく肌触りをよくすることができます。しかしスウェットはどんなに頑張ってもスウェット生地です。風通しは良くはないでしょう。しかし、スウェットも生地の薄いものを選べば、パジャマほどではなくとも熱の放出ができますので、パジャマとして十分機能するのではないでしょうか。

さらにスウェットにはパジャマにはない利点があります。それは暖かさです。

パジャマは睡眠の質としての機能から薄い素材が良いとされていますが、夏はいいにしても冬場の寒い時期はどうでしょう。寒いですよね。

その点、スウェットは冬場の寒さもカバーできます。この点ではパジャマよりスウェットのが睡眠に向いていると言ってもいいんじゃないですか。

まあ、どちらを選ぶかは人それぞれですが。

オールシーズン通してスウェットを楽しもう

スウェットの着心地は本当に気持ちいいです。

しかも、今の時代、スウェットも長袖長ズボンだけではなく、スウェット生地のTシャツや短パンも販売されています。

これはもうオールシーズンスウェット素材を楽しめますね。

皆さんも今愛用しているスウェットをもう一度見つめ直し、新しいスウェットの可能性に目を向けてみてください。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告