成人式ですね。現在26歳。二十歳から変わったことは

こんにちは。お正月も明けて、今週末は成人式ですね。

新成人の皆さん。成人おめでとうございます。

まだ、学生の人も働き出して数年経っている人もこれからの将来に希望を馳せていることと思います。

さて、私は現在、26歳。成人式を終えてか約6年が経ちました。

6年という月日は長いようで案外短かったりしますね。かくゆう私もこの記事を書いて、もうあれから6年も経ったのかと月日の速さに驚いています。さて6年。短いとはいえど、環境、心境。様々な変化がありました。

そこで当時の成人式から振り返って私はどう変わったのか思い返していこうと思います。

徹夜しなくなったというかできなくなった

これは薄々感じていました。

ただ認めたくなかった面もあります。当時成人式を迎えた私は大学2年生。

ウェイウェイ真っ盛りでした。徹夜でカラオケなんて日常茶飯事。

こんな日が永遠に続くと思っていました。また、就活の時期は履歴書の締め切りに間に合わせるよう徹夜で履歴書を何枚も書いて、そのまま学校へ。なんて生活もしていましたが、それほど苦になりませんでした。

しかし今は意識せずとも割と規則正しい生活リズムになっています。

これは次の日、仕事だから無理したくないとか心境の変化ももちろんありますが、単純に体力の衰えが理由でしょう。

されどまだ26歳です。オールでカラオケしようなんて雰囲気になることもあります。しかし、終盤になってくるとワイワイする雰囲気にもなれず、ぐったりしてしまいます。

若いのにこれじゃいけませんよね。今年はスポーツでもして体力の増加に努めようかな。

単純に友達減った

これは言葉の通り、成人式あたりまで割とよく会っていた友人と最近では会わなくなってきました。

お互い忙しかったりして都合が合わなくなってきたことも理由の一つになるのでしょうが、私としては、だんだん友人も減らしていこうかという意図的な部分もあります。

当時は楽しければなんでもいいやという気持ちが先行していたので、誰とでも仲良くしてきましたが、最近ではこの人と長く付き合っていけるのかどうか真剣に考えてしまう節があります。

これから長い人生。なるべく居心地の良い環境に身を置きたいので、浅い友人関係は切ってしまった方が後で楽かもしれませんよ。

先が見えてきた

20代も中盤、または後半に差し掛かってくると、自分の将来がだいぶ、見えてきてしまいます。

そしてその将来像が自分の思い通りにいってないとイメージする人は、今のままでいいのかと悩むことになるでしょう。

私も正直、今のままではこの先不安な人の1人です。

新成人の皆さんも今は漠然と日々の生活を楽しんでいる人が多いでしょうが、少し、これから先のことも考えてみてはいかがでしょうか。

そんな何十年も先のことじゃなくていいんです。2年後3年後の自分を想像してみて、このままではいけないなと思う人は少し生活を変えてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告