焼肉屋でご飯を頼むか頼まないか問題

こんにちは。うぐいすです。

みなさん焼肉好きですか。好きですよね。私も好きです。私の彼女も好きです。毎週行ってます。毎週は飽きます。

ですが、ここ最近本当に焼肉を食べる機会が多いので今回はいつも気になっている焼肉でご飯を頼むか頼まないか問題について考えていきたいと思います。

メインはやはり肉だ

焼肉屋に行って頼むものはとりあえず肉ですよね。肉を食べないことには始まりません。

ここで問題になるのは焼肉屋で肉以外を食べる必要があるのかということ。

答えはもちろんあります。肉にもカルビ、タン、ホルモン、ピートロなどなど無数に種類はありますが、結局は肉です。

同じものばかり食べているとさすがに飽きるので、他のものも食べたい。

そこで頼むべきサイドメニューはサラダ、キムチ、塩ダレキャベツなどなど。焼肉屋といえどサイドメニューも豊富です。肉メインでたまにつまむキムチで気分転換。

理想的な焼肉ライフですね。果たしてご飯はこのサイドメニューの中の一品としての位置付けになるのか。

ご飯はおかず?

先ほど申し上げた通り、焼肉屋でのメインは肉。

そこでご飯はおかずという位置付けになります。味の濃い焼肉を食べながらご飯をつまむ。

食べ盛りの方にとっては理想の食べ方です。もちろん誰もが知っている通り、焼肉とご飯の相性は抜群。ここになんの問題点もないように思えます。

しかし、唯一最大の問題点がそこにはあります。

ご飯はお腹にたまる

そう。最大の問題点とは、ご飯は焼肉屋という特殊な場所以外では主食となる食材。

そのため、ご飯を食べることにより、お腹がいっぱいになってしまうんです。

私なんか少食ですからいくら空腹状態で焼肉屋に臨んでも中ライスを一つ頼んでしまえば、お腹いっぱいになってしまいます。おそるべき米の力ですね。

何度も言いますが焼肉屋でのメインは肉。ご飯でお腹を膨らませてしまい、メインである肉を満足に食べられないようでは本末転倒ですね。

そう考えるとご飯を頼むのは愚問な気がします。そして・・・

絶対的な締めの存在

焼肉屋には魅力的なご飯ものメニューが多数あります。

石焼ビビンバや冷麺。クッパなどなど。

肉をたらふく食べた後。またはこの締めのメニューを楽しむため余力を残す人も多いのでは。私の場合、大体焼肉で満腹になってしまうので、この締めのメニューにたどり着けることはかなり稀ですが。

このご飯ものの締めのメニューの存在もご飯を頼む派にとって強力な壁として存在していますね。

反対派は多いものの焼肉は自由に楽しむもんだ

これまで述べてきたことを考慮すると焼肉屋でご飯を頼むことはデメリットの方が多いような気がします。

しかし、結局は焼肉なんて好きなものを頼んで楽しく焼いて好きに食うのが1番美味しい食べ方に決まってるんです。

そこにご飯という選択肢があったって全然おかしくないわけです。

たとえ、ご飯を頼むことによって食べれる肉の量が減ってしまったり、締めのメニューを抜きにしたってそれがその人の焼肉スタイルだということ。

それを頭の片隅に置いてこれからも焼肉ライフを楽しんでいきたいですね。

ちなみに私の彼女はご飯を二杯おかわりした後、きっちりビビンバを平らげます。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告