ベンツに乗ってる人って年収どのくらいなのよ

こんにちは。うぐいすです。

さあさあいよいよ年の瀬が迫って参りましたね。

私の方も仕事がひと段落して落ち着きを取り戻してきました。

多くの企業が28日頃で仕事納めでしょうか。残念ながら私の勤める金融業界は30日まで絶賛営業中です。

ところでみなさん憧れってありますか。

今は手が届かないけどいずれは叶えたい夢でもいいです。決して大きくなくても、色々な憧れがあると思います。

私の憧れの一つはズバリベンツです

。ベンツってかっこいいですよね。なんだかよくわからないけどかっこいいです。メルセデスベンツ・・・いい響きだ。

そう。私の憧れはベンツに乗ることなんです。

しかし、普通にしてたらなかなか乗る機会はありません。

そこで普通のサラリーマンである私がベンツに乗るにはどうしたらいいのか。

今日はそんなことを考えていきたいと思います。


ベンツっていくらで買えるの

まず最初に考えることはベンツっていくらで買えるのかってことですよね。

乗るにはまず買う必要があるので。

ベンツとは言わずもがな自動車メーカーの名前なのでその中で車種も多々あるわけです。

さてその中で私の憧れている車種はもちろんSクラス・・・ではないです。おこがましいです。むしろSクラスには憧れてないです。

あんな車に乗るのは運転手と秘書を従えて後部座席にどかっと座るどこか大企業のお偉いさんに決まってます。

運転なんてまず自分でしないでしょう。すごいなお偉いさん。

ちなみにメルセデスベンツSクラスはベンツのフラッグシップモデル。

これでもかってくらいベンツの技術を詰め込んであります。

お値段も1千万は軽く超えるので本当に選ばれた一握りの御人しか手に入れることはできないでしょう。

それはさておき私のような20代30代でも乗れるベンツの車種って考えるとAクラスからCクラスくらいの値段のモデルですかね。

それでも相当無理をしないと買えないでしょうが。

でも大企業のエリートサラリーマンなんかはEクラスでも購入できるでしょうね。エリートサラリーマンなんかは。

価格も幅はありますが300万から800万くらいです。

800万の車なんて乗りたいけど実際はぶつけるの怖くて乗れない。

そんなこと考えてる時点でベンツなんて私には無理なんでしょうけど。

憧れなんだからいいんじゃない。

もっと絞って考えてみると私が乗りたい。または乗れる可能性のあるベンツはCクラスぐらいのモデルになります。価格は大体400万から500万前後です。

普通に高いけど買えないことはないな。だいぶ無理するけど。

では500万くらいの車を購入する人でどんな層なのでしょうか。


年収800万〜1000万くらいなら買える

購入額とか購入後の維持費とかまあローンを組んだ時含め、身の丈にあった車の価格帯は年収のおよそ半分とされています。

なので500万の車を購入するとなったら年収は1000万欲しいってことになります。

今時1000万もらっているサラリーマンなんてほとんどいないですよね。

ごく稀にいますけど。私の友達でも某商社に勤めている人がいます。彼はまだ年収1000万に届いていませんが、勤続年数を重ね、順調にキャリアを積めばそのうち1000万くらいにはなるでしょう。ちくしょう。

でも彼はごく稀な存在なのでやっぱり普通にサラリーマンをしているぶんには年収1000万てなかなか難しい。

ちなみに私の勤めてる会社でも1000万は達成可能ですが、相当偉くならないと無理でしょう。それこそ経営陣クラスに。

私はごく普通の下っ端なのでそこまで出世するのは無理ですね。

ベンツを手に入れたい人はとりあえず仕事頑張りましょ。


無理したくないけど乗ってみたい人は中古車なんてどうですか

ベンツ乗ってみたいけど、やっぱり手が届かない。でも諦めきれない。

な〜んて人は中古車をお勧めします。外国産の自動車は中古でも値が落ちにくく、あんまり安くなっていないかもしれませんが、よく探してみると状態の良い、そして値段も手が届くものがあります。

たとえ型落ちだとしても国産車みたいにころころモデルチェンジしないので型落ちでも現行車とさほど変わらない見た目で見劣りしません。私も中古車なら買ってもいいかな。


どうでしょう。簡単に考えてみてもベンツまでの道のりはなかなか難しいことがわかりました。

これに加え、結婚して子供なんかできた時には自分の娯楽より家庭優先になったりもしますのでますますベンツへの道のりは遠くなりますね。

まあ憧れですから宝くじでも当たったら買おうくらいお気楽に考えるくらいがちょうどいいですね。

それでは良い正月休みを迎えるためにあと少し頑張りましょう。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告