雪国の車選びで必要な装備の基本は

こんにちは。うぐいすです。

私は関東に住んでいるのですが、割と標高が高く、積雪の多い地域に住んでいます。

今は親から譲り受けた車に乗っているのですが、来年はもう今乗っている車がダメそうなので真剣に車購入を考えています。

次に乗る車は雪道に強い車がいいなぁなんて考えているのですが、

道が凍る、または雪が積もること前提で車を選ばなくてはならない時、どんなことに注意したらいいのか。今日はそんなことを考えていきたいと思います


雪道を走る上で4WDは必須アイテムなのか

雪道、または凍った道を走る場合、4WDの車はもちろん頼もしく感じます。

しかし、4WDは簡単に考えると常に4つのタイヤを動かしているので、2WDの車に比べると燃費性能が悪くなります。普段使いで今の時代これな大変なデメリットです。

4WDは運転に自信のない人やスノボーなので雪山を走る機会の多い人は必須のアイテムとなりますが、街中を走るくらいの人はなくてもいいかもしれません。

4WDといえ、滑るときは滑ります。その前に雪道では急発進や急ブレーキ、急カーブなど運転を気をつけることで滑ることを回避することができる場合もあります。


車高は高い方がいい

雪道を走る場合、車高が低いと車の底を雪でこすってしまい、前に進めなくなることがあります。

私の経験談を言いますと、結構雪が降っている中、会社の出張の都合でどうしても峠を走らなくてはいけない時に、国道の除雪がまだできていない状態に遭遇したことがあります。

この時、私は会社の車である軽自動車に乗っていたのですが、前を走っている車が1台、また1台と車の底が雪についてしまい、タイヤが浮き、前に進めなくなり、脱落していきました。私ももうダメかと思い、峠で車中泊の覚悟をしましたが、幸いなことに会社の軽自動車は割と車高が高かったらしく、無事に峠を越すことができました。

この時の経験。車が1台ずつ脱落していく恐怖は今でも忘れられません。この経験から雪国では車高の高いSUVなどの車種の方が心強いと思っています。


どんな車で走るにしてもスタッドレスタイヤに変えることを忘れないで

雪道を走っている時よく滑って事故っている車を目にすることがありますが、大体の車がノーマルタイヤを履いています。

ノーマルタイヤとスタットレスタイヤでは雪道での強さが全然違います。

絶対にスタットレスタイヤに変えてから走りましょう。

自分の運転技術を過信したり、ちょっとの雪だからとか、油断は禁物です。いっときの甘えで大事な車や自分を傷つけてしまってはもともこもないです。

雪道に強いとされる4WD車でもノーマルタイヤでは本領を発揮できません。


結局はどんな車に乗ってても安全運転が1番

雪道には雪道での走り方があります。

普段の道と違うことを十分に理解し、注意しすぎるくらい注意して走る。これが雪道対策で1番大切なことです。

雪道に強い車を選ぶことも大事ですが、それ以上に運転に気を使っていれば、どんな車でも大丈夫でしょう。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告