クラブW杯で盛り上がってますが、私は全くサッカーができない

こんにちは。うぐいすです。

現在、日本ではクラブW杯で盛り上がっています。

サッカー面白いですよね。

そして、サッカーできる人かっこいいです。子供達もサッカーに夢中です。しかし、私の子供時代はサッカーよりむしろ野球の方が人気でした。

なにより私も野球小僧でしたし。なので、私サッカー全くできません。見るのは大好きです。あとサッカーゲームも大好きなのでルールも大体わかります。

そこで今日はサッカーど素人の私がサッカーの難しさ、面白さを語っていこうと思います。


足でボールを転がすってそれだけで難しいよね

私は野球小僧だったので、手でボールを投げる、取るってことは容易にできます。

しかし、サッカーでは手を使うことができるのはキーパーだけで、あとの選手は基本的に足だけを使ってプレーしなくてはいけません。

これサッカー選手は簡単そうにやっていますけど、相当技術のいることですよね。

ボールを蹴るってことはできるかもしれませんが、足でボールを受けるってどうやって受けているんだかさっぱりわかりません。誰か教えてください。


90分間走りまくりって並大抵の練習じゃあできないよ

何回も言うようですが、私は野球小僧です。

野球は攻守に表裏があり、守備の時間はずっと出ていますが、攻撃の時間は自分の打順の番までベンチで待機しています。

ベンチに座ってる時間は基本的に何もすることがないので休憩です。

なので、どんなに試合が長引こうと疲れ切るということはありません。

しかし、サッカーはどうでしょう。90分間走りっぱなしも走りっぱなしですよね。

しかもいつ自分のところにボールが来るかわからないので気も抜けない状況。これを行うには相当な走り込みが必要でしょう。

チャラチャラしているようで、陰ながら相当な練習を重ねているのでしょう。お疲れ様です。


足でも難しいのに頭も使うってどうよ

よくテレビで見るのがヘディングでゴールするシーン。

サッカーは手以外は使っていいので、高いボールはヘディングをよく用いるのを目にします。でも、よく考えて見て下さい。

頭でボールを受けるって普通に怖いですよね。

あと、人は目で物を見ています。しかし、頭でシュートをする瞬間はボールを見ることはできません。

これは練習に練習を重ねた結果の経験則により、ボールと頭が接する瞬間を判断しています。


難しいからこそ面白い

やはり、物事を考える頭から1番遠い足を使ったスポーツですからサッカーは難しいんです。しかし、難しいからこそ奥が深く、面白い。これが多くの人を魅了するサッカーの魅力なんでしょう。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告