TOYOTAの新型CH−Rを実際に見てきたので感想を少々

こんにちは。うぐいすです。

実は私、来年くらいに車の購入を考えていて、その中の候補に2016年12月に発売されたトヨタの新型車。”CH-R”が候補に入っているので今回、お台場にあるトヨタ自動車の展示ショールーム”MEGAWEB”にて実際に実車を拝見に行ってきましたので今回はその様子を紹介していきます。


“MEGAWEB”超でかい

今までも”MEGAWEB”には何回も行ったことがあるのですが、その時は車購入も検討しておらず、通り抜けるだけでした。

しかし、今回身に沁みて周ってみると”MEGAWEB”ってめちゃくちゃでかいんですね。

トヨタの最新の車からオールドカーまですべからく展示されているので車好きは1日ここで時間を潰せますよ。


彼女は”センチュリー”が欲しいらしい

展示場を周っていて、彼女が1番食いついた車は意外に”センチュリー”でした。

私の中で”センチュリー”ってどうしてもタクシーってイメージがあったのですが、実際タクシー仕様になっていない”センチュリー”に乗ってみるとやっぱりかっこいいですね。

最近の車と違う角ばったデザインや内装は男のロマンを感じます。

こんな車乗れたらいいけど、価格は1,000万越え・・・。絶対買うことはないな。って感じです。

まあタクシーで乗れるからいいか。


お目当の”CH-R”は多数置いてありました

いよいよ、目当の”CH-R”をみることに、今、トヨタの一押しということで、何台か展示場に置いてありましたので、待つことなく拝見することができました。

もう1つ、新型として発売されている”TANK”でしたっけ。これも多数置いてありましたので、気になる人は是非。


”CH-R”かっこいいよ

”CH-R”は新型プリウスのプラットホームを採用したトヨタのSUVということで、ハイブリットを活かした低燃費とSUVならではの乗り味を実現したまさに世界戦略のための1台ということ

で実際の外装はこんな感じ。どうでしょう。結構かっこいいですよね。

img_1525

なんとなく、新型プリウスの感じを残しつつも。

これはこれで新しい車って感じです。

大きさなんですが、SUVなので結構大きいのかなと思いきや小さく、HONDAのコンパクトSUV”ヴェゼル”より気持ち小さいかなってくらいの大きさでした。

私としてはもう少し大きくてもいいかなって思いました。

小さい分乗りやすさはあるみたいですが、後部座席とラゲッジスペースが小さいです。

その代わり、運転席と助手席は十分な広さが保たれているので、デートに使うんだったらこれで丁度いいけど、後部座席に誰か乗せるとなると窮屈なんじゃないかな。

あと、私の住んでいる所は結構雪が降るのでどうしても4WDがいいのですが、この”CH-R”には全グレードに4WDモデルがないみたいで、ハイブリットには4WDつけれないみたい。

これは私の地域にとっては致命的です。一家に一台は4WDが欲しいところなんで。


色々考えみましょうって結論

4WDがないってところで要検討ですけど、単純にかっこいいし、それ以外のところはさすがトヨタって感じで作り込まれているいい車でした。

まだ、車購入まで時間があるので他の車も見てみて、最終的に決断したいと思います。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告