セミリタイアに憧れるんですけどセミリタイアってどうやるの

こんにちは。うぐいすです。

前回はセミリタイアのメリット、デメリットについてやっていきましたが、今回は実際にセミリタイアするためにどうすればいいのか紹介していきます。

これからセミリタイアを計画している人達は参考にしてみてください。


セミリタイアするために必要な貯金額は

ではセミリタイアするには具体的にどんな準備をすればいいのでしょうか。

まず、セミリタイアするということは少なからず仕事から離れることを意味してるので、仕事をしなくても数十年間ある程度の生活ができるくらいの資産が必要になってきます。

例えば、月に30万ほど生活費が必要だと考えるとその生活を40歳にセミリタイアし、80歳までその生活を維持し続けるとしたら約1億5千万ほどの貯金が必要になります。

でも月の生活費が30万ってちょっと寂しい気もするので実際にセミリタイアしてる人たちはもっと貯金しているでしょう。

40代で1億円台の貯金ってちょっと普通にサラリーマンをしているだけじゃ無理かも。

しかし、そんなにも貯金がなくともセミリタイアする方法もあるみたいです。


仕事しなくてもお金が入ってくる仕組みを作る

実際にセミリタイアしてる人を調べてみると、現在何もせず、現役時代の貯金を切り崩して生活している人は少ないようで、

何かしら不労所得やら、どこでもできる仕事の仕組みを構築して生活している人が大半のようです。

それが株だったり、不動産収入だったり、何かしらのコンサルティングだったり、人それぞれですが、そういった仕組みで生活している人たちはとりあえずは収入より生活費が少なければ生活できちゃうわけですね。

こっちの方が毎月目減りしてく通帳残高を見るより精神的にも安定するような気がしますね。それにこっちの方が実現性があるような気もする。まあ難しいですけど。


でも、仮にセミリタイアしてもそれが自分の幸せに繋がるかはわからないってことで

色々調べてきましたが、調べていくうちにセミリタイアが果たして私にとって良いものなのかわからなくなってきました。

確かに仕事や時間、嫌な人間関係に縛られない生活は魅力的かもしれません。

ただ、それと同時に仕事とプライベートのメリハリや日々の張り合いは失われるでしょう。自由で何もしない生活をずっと楽しめる自信がある人はセミリタイアもいいでしょう。

しかし、苦しいことがあるから楽しいことも楽しいと思える。そういった考え方の人はセミリタイアは妄想で留めておき、現実と向き合い、日々、泣き笑いながら生きていきましょう。

少なくとも私はこの記事を書いてもう少し仕事頑張ろうと思えました。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告