男性20代、結婚の適切な結婚の時期はいつなのか

こんにちは、うぐいすです。

最近私の周りでは同級生、または同僚が続々と結婚していきます。

結婚って人生の中で最大のイベントの一つですよね。これから一生を寄り添っていきていく人を決めるわけですから、決断にも時間がかかりますし、結婚するとなれば挨拶回り、結婚式、新婚旅行、引っ越しして新生活を始めたりと大忙しになります。

私はといいますと付き合って1年ほどになる彼女がいます。当然、結婚を意識してのお付き合いをしていますが、まだ結婚に踏み切れていません。

そこで今回は結婚について考えていきたいと思います。


結婚適齢期は25〜28歳くらいまで

一般的に言われているのが結婚適齢期25〜28歳くらいです。

女性になると24歳〜28歳が適齢期となるので結婚時期は男性より少し早めに。実際、私の周りの同級生も女性は24歳くらいから結婚ラッシュが始まりました。

一時期、毎月結婚式に呼ばれていました。ご祝儀地獄です。

結婚になれば新婚生活を1、2年楽しんだ後、子供を作って子育てを。っていうのが理想のパターンで、30歳までには第一子を産みたいという考えからこの時期の結婚が多いと考えられます。

やはり出産のことを考慮する人が多いみたいですね。ちなみに私たちも27歳くらいには結婚したいと考えています。


結婚するまでの貯金額は

やはり気なるのは結婚するにあたってどのくらい貯金しとけばいいのかってところですよね。結婚自体は婚姻届を提出すればいいだけですからお金はかからないにしても、結婚式はしたいし、新婚旅行も行きたい。結婚指輪、婚約指輪、引っ越し資金、家具家電あわわわ・・・と一般的な結婚には何かとお金がかかります。

周りは実際どのくらい貯金しているのか気になるところですが、平均は1人100万〜150万といったところでしょう。

なので2人合わせたら200〜300万くらいってことになりますね。

1番お金がかかるのはやはり結婚式でどのくらいの規模でやるのかで差はあるもののやはり200万から300万ほどはかかるでしょう。

ただ、ご祝儀や人によっては親の援助も見込まれるのでまるまる結婚式代を負担する必要はないかもしれませんが。

それに加え、新婚旅行、新居に引っ越すため資金も50万〜100万ほど用意しておきたいです。そう考えると結構な金額を貯めとかなければいけないので、結婚式の規模や結婚時期を2人で相談して計画的に貯金していく必要がありそうですね。


長くなってきたので今回はここまで。次回も結婚について考えていきます。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告